電気料金とCO2を削減したい企業様へ 法人向け産業用PPA比較 太陽光発電0円で導入 初期投資0円 メンテナンス0円 脱炭素時代に対応 電気料金とCO2を削減したい企業様へ 法人向け産業用PPA比較 太陽光発電0円で導入 初期投資0円 メンテナンス0円 脱炭素時代に対応

複数社のPPA事業者から見積りをご提案致します。
初期費用0円で太陽光導入して
CO2を削減しませんか?

複数社・無料見積り依頼はこちら

日本マーケティング・リサーチ機構調べ 調査概要:2020年2月期、インターネット調査

こんなお悩みはありませんか?

産業用PPAならすべて解決できます!
特にこんな法人様にオススメです。

What 法人向け産業用PPA(電力購入契約)とは?

PPA(Power Purchase Agreement)とは、ソーラーPPA・第3者所有モデル・TPOモデル・太陽光発電0円導入などと様々な形で呼ばれますが、初期費用0円・維持費用0円で太陽光導入をする画期的なビジネスモデルとなります。

PPA事業者が法人様の保有する施設の屋根に無償で太陽光発電設備を設置し、法人様はその設備より発電した電気を契約期間中は購入する事ができます。法人様にとっては電気料金が下がるだけでなく、再生可能エネルギーの電気を使う事でCO2排出量を削減する事も可能となります。

電力購入契約の終了後は、太陽光発電設備の譲渡を受ける事も可能です。2021年現在は環境省からPPA事業者に対しての補助金制度もあり、大手企業を中心にPPAモデルでの太陽光発電設置が急速に伸びております。

PPA電力購入契約の仕組み

※各PPA事業者が提供するサービス・電気料金単価・契約期間などの契約諸条件は各事業者により異なります。
※契約期間中、太陽光発電設備はPPA事業者の所有となります。一定の条件を満たした場合、各PPA事業者が償却資産税を負担しますので、法人様の負担はありません。

Merit 産業用PPA活用の導入メリット

電力コスト・CO2排出量の削減

<モデル事例>
工場を所有している事業者様がPPAで太陽光発電460kwを導入した場合
基本契約電力:600kW
年間電気料金削減額:357万円
年間CO2削減量:約230t

PPAモデルで460kwの太陽光発電設備を導入する事で、年間510,000kWhの発電量が期待できます。

現在ご契約の電力量料金単価+再エネ賦課金単価が19円/kWh、PPAにて太陽光より発電した電気を12円/kWhで購入したとすると、電気料金を年間で357万円削減する事ができます。

また、太陽光による発電電力量分がCo2フリーとなるので、年間約230tのCO2が削減可能です。

※電気料金削減額は太陽光による発電電力量×(既存の電力量料金(従量料金+再エネ賦課金)-PPA単価)で計算しています。
※削減可能なCO2削減量は現在ご契約されている電力のCO2排出係数により変動します。

  • 初期費用
    ランニングコスト不要
    太陽光発電の導入費用は2021年現在の相場では12万円~14万円/kWと言われており、400kWの太陽光発電を導入する場合は約5000万~6000万円かかるだけでなく、O&M・保険・パワコン交換費用などのランニングコストもかかります。PPAモデルを活用すると初期費用は0円・ランニングコストも一切かかりません。
  • 環境価値
    CO2排出量を削減する方法としてはCO2排出係数0の電気や再エネ100%の電気を購入する方法もありますが、これらの電力プランは環境価値を加味すると現在の電気料金よりも高くなります。
    太陽光で発電した分の電気はCO2排出量がもちろん0なので、PPAモデルを活用して太陽光発電を導入する事で高いC02削減効果が期待できます。
  • 炭素税への対応
    日本国内だけでなく、世界中で脱炭素に向けた動きが加速しています。現在、日本国内でも炭素税導入が検討されています。
    ヨーロッパ各国では3000円/トン~14000円/トンほどの炭素税が存在し、EUでは輸入品に課税する国境調整措置(国境炭素税)を23年にも導入予定であり、米国も導入検討中です。
電力コストの比較グラフ

PPAモデルでの太陽光導入により基本料金・従量料金・再エネ賦課金のすべてが下がります。
※太陽光発電の導入容量・契約期間により削減率が異なります。

Comparison 通常設置とPPAの比較

※BCP対策には、自立運転機能付PCSが必要です。
※設備劣化・故障・天候不順の発電量変動のリスクはPPAの場合はありません。

有償設置を希望される法人の方はこちら

太陽光発電設置済みの方で、蓄電池を検討中の方は
一般住宅・法人施設(工場・倉庫・福祉施設・オフィス・その他)
産業用太陽光システムをお考えの方は
マンション・アパート・店舗・オフィス・工場・倉庫
農地・野立て 遊休地・工場 など

Case 産業用PPA活用時の事例

  • 食品工場

    契約電力 1550kw
    年間使用電力量 5,740,000kwh
    太陽光発電導入容量 200kw
    年間発電量 180,000kwh

    PPA導入後
    電気料金削減額/年1,150,000円
    CO2削減量/年80t
  • 機械工場

    契約電力 700kw
    年間使用電力量 2,100,000kwh
    太陽光発電導入容量 500kw
    年間発電量 435,000kwh

    PPA導入後
    電気料金削減額/年2,280,000円
    CO2削減量/年200t
  • スーパー

    契約電力 600kw
    年間使用電力量 2,060,kwh
    太陽光発電導入容量 300kw
    年間発電量 368,000kwh

    PPA導入後
    電気料金削減額/年2,110,000円
    CO2削減量/年165t
初期費用やランニングコストなしで
電力コスト・CO2の削減に
成功しています!

Flow導入までの流れ

  • STEP1
    お客様からスイッチBizへ
    お問い合わせ
    本ページよりPPA一括見積り、電力切り替えのご相談をしてください。
    もちろんお問い合わせも完全無料です。

    本ページよりPPA一括見積り、電力切り替えのご相談をしてください。
    もちろんお問い合わせも完全無料です。

  • STEP2
    各PPA事業者からの見積り取得
    スイッチビズのコンサルタントが、最大3社のPPA事業者からお見積りをお取り寄せます。
    面倒な作業はすべてコンサルタントにお任せください。

    スイッチビズのコンサルタントが、最大3社のPPA事業者からお見積りをお取り寄せます。
    面倒な作業はすべてコンサルタントにお任せください。

  • STEP3
    スイッチBizから
    最適なご提案
    弊社オリジナルのお見積りフォーマットで徹底比較!
    PPA単価・契約期間・導入容量など貴社へ最適なPPAプランをご提案いたします。
    ※お客様の承諾なしに業者からのご連絡がくることは一切ございません。
    ※依頼~お見積りのご提案までは最短で2週間ほどかかります。

    弊社オリジナルのお見積りフォーマットで徹底比較!
    PPA単価・契約期間・導入容量など貴社へ最適なPPAプランをご提案いたします。
    ※お客様の承諾なしに業者からのご連絡がくることは一切ございません。
    ※依頼~お見積りのご提案までは最短で2週間ほどかかります。

  • STEP4
    現地調査~PPA契約の締結
    弊社のお見積りでご契約希望のPPA事業者の選定されましたら、PPA事業者が
    現地調査・最終的な契約を行います。

    弊社のお見積りでご契約希望のPPA事業者の選定されましたら、PPA事業者が
    現地調査・最終的な契約を行います。

貴社の課題解決に向けて
最適なPPAプランをご提案いたします

Questionよくある質問

  • PPA導入サービスエリアは全国対応ですか?

    はい。
    日本国内に施設があれば、離島も含めて全国対応しております。

  • 現在契約中の電力会社と長期契約中ですが、PPAサービス導入できますか?

    はい。
    現在契約中の電力会社と契約しながらPPA導入は可能です。

  • PPAサービス導入できない場合がありますか?

    導入する施設の電気使用量が低い場合や、太陽光発電を設置するスペースが少ない場合はできません。

  • 契約期間はどれくらいになりますか?

    原則は15年~20年となりますが、PPA事業者様により契約期間は異なります。

  • メンテナンス費用等の追加料金は発生しますか?

    いいえ。
    PPA導入の場合は、メンテナンスなどの維持費は一切かかりません。
    PPA事業者が維持費を払い維持します。

  • 第三者所有モデル(PPAモデル)の太陽光発電は省エネ法や温対法の届出で活用できますか?

    はい。活用できます。
    太陽光発電からのCO₂フリーな電気を自家消費することで、系統からの購入電力量が削減でき、省エネ・省CO₂につながります。

  • 非常時の電源は利用できますか?

    はい。
    利用できます。

  • 台風などで太陽光発電が破損した場合はどうすればよいのでしょうか?

    PPA事業者が保険に加入しているのでPPA事業者の負担で太陽光発電の修復を行い電気を使える状態にします。

  • PPA契約期間中の解約は可能ですか?

    原則として、途中解約は出来ません。但し、違約金を支払う事で解約ができる場合があります。

Contactお問い合わせ

会社名必須
お名前必須
電話番号必須
数字で入力してください。
メールアドレス必須
正しく入力してください。 ※誤りがないかご確認ください
物件種別必須
設置予定地の住所必須
電力切替について必須
※電力会社の切替も同時に希望することが出来ます
メールマガジンの配信必須
※電力コストに関するお得な情報をお送りします

個人情報の利用に関する同意内容個人情報保護方針利用規約について同意の上、お申込みください。