school

学校で節水といっても、生徒や職員が水を使うシーンが限られているため難しく感じるかもしれませんが、節水可能な方法は次のようなものがあります。

その1.水洗トイレの水を流しすぎない

その2.水洗トイレの大、小レバーを使い分ける

その3.花壇などの水やりは「雨水タンク」を利用する

その4.歯磨きの時は「コップ」を使う

その5.節水システムを導入する

その6.学校での「節水ルール」を徹底する

これらの方法は簡単なものもありますが、きちんと継続すれば節水効果が高いものもあります。

今回の節水方法のご紹介では、具体的に計算することもありますが、その場合の水道料金の単価は、「東京都水道局平成24年度生活用水実態調査」をもとにして0.24円/Lと仮定します。

次に、それぞれの節水方法の具体的な説明をしていきますね。

その1.水洗トイレの水を流しすぎない

schoolbathroom

子供達の中には、トイレの水を1回だけではなく2回流すクセになっている子もいますよね。当然ですが、2回分トイレを流せば、水道料金は倍になります。

トイレを1回流したときに必要な水は、高機能トイレでは5.5L/回、一般的なトイレでは13L/回程度です。

学校で使用されている便器は古いものが多いため、今回は1回あたり13Lとして計算すると、

  • 生徒数600人
  • トイレの回数1日3回/人
  • 1回のトイレで2回流す

という条件下では、1日に使う水の量が以下のようになります。

600人×3回/日×2×13L/回=46,800L/日

すると、水道料金は1日あたり

46,800L/日×0.24円/L=11,232円/日となり、

30日間では11,232円/日×30日=336,960円です。

これを、1回につき1回しか流さないというルールを徹底すると、その半額の168,480円もの金額が、毎月安くなります。

年間で考えると200万円を超える金額になってきますので、かなり大きな節水効果が認められることがわかりますね。

この他にも、トイレのタンクの浮き玉を調節したり、ペットボトルに水を入れてタンクに入れておくことで節水する方法もあります。

ふつう、トイレタンクは十分に流せるように多めに流す設計になっているのでこのような節水方法が可能ですが、やりすぎると詰まりや故障の原因になりますので、トイレタンクに手を加えるときは慎重に行いましょう。

その2.水洗トイレの大、小レバーを使い分ける

水洗レバーの大と小では、流すときに1回あたり2L以上も水の量が変わります。

1回あたりで見ると0.24円/L×2L/回=0.48円/回と、

大したことのない金額に見えますが、これを1日3回、生徒数600人の学校で考えると、

600人×3回/人×0.48円/回=864円

1か月(30日)では25,920円、1年間で311,040円の節水です。

備品をいくつか購入出来るほどの金額が変わりますので、節水効果としては無視できない金額ですね。

紙をたくさん流しすぎない限りは、小のレバーでも十分対応できますので、今までずっと大で流していた方は、ぜひ「小」を積極的に使う習慣にしてみてください。

その3.花壇などの水やりは「雨水タンク」を利用する

flower

花壇の水やりは、水をやる係が決まっていることがほとんどですが、ついついホースから水を出しっぱなしにしたまま移動したり、無駄に水を出し過ぎてしまったりすることがあります。

水道の蛇口を出しっぱなしにした場合、水道の径水圧にもよりますが、1分間におおよそ15L程度は流れていくと言われています。

例えば、学校中の花壇へ水をやろうとすると、水やりの時間中水道が出しっぱなしの場合、少なく見積もっても60分間はかかると考えられますよね。

その場合、1回の水やりに必要な水の量は、60分×15L/分=900L

これを30日間続けると27,000Lの水が必要です。

1日に2回水やりが必要な場合、54,000Lの水を使うので、

1ヶ月間の水やりに必要な水代は54,000L×0.24円/L=12,960円です。

これを、雨水を貯めたタンクを用意し、そこに溜まっている分だけで水やりがまかなえると仮定すると、年間で155,520円分も節水できます。

実際には全てをまかなうのは難しいと思いますが、たとえ3分の1だけでも50,000円以上安くなる計算なので、できるのであれば雨水タンクを用意して実践してみてくださいね。

その4.歯磨きの時は「コップ」を使う

toothbrush

歯磨きのときに、水を出しっぱなしにせずコップを使って口をすすげば、1回あたり約5.4Lも節水できます。

生徒数600人の学校で「コップでの歯磨き」を徹底すれば、1日に節約できる水の量は、

600人×5.4L/人=3,240L

となり、1か月分で計算すると97,200L分にもなります。

水道代に換算してみると97,200L×0.24円/L=23,328円で、

1年間では279,936円です。

たかが歯磨きと思うかもしれませんが、意外と水代がかさんでいるということがわかりますね。

歯磨きをコップに変えるだけでも大きな節水効果がありますので、生徒や職員には張り紙などで徹底してコップを使わせるようにしましょう。

その5.節水システムを導入する

生徒や職員の節水の努力だけでは、どうしてもできる範囲は限られてきます。

ある程度まで節水意識が浸透すれば、それ以上は、生活を不快なものにするレベルまで我慢を強いる以外には方法がありません。

しかし、いくらなんでも学校で「手を洗わない」、「トイレに行かない」というのは無茶な話ですので、努力以外で確実に節水効果が出る方法としては「節水システムの導入」があります。

節水システムのメーカーにもよりますが、例えばある会社では、水栓に取り付ける特殊構造の穴が空いた器具を導入すれば、水の勢いを全く変えずに10%〜50%もの節水効果が得られるとされています。

学校での使い方により全体の使用水量は大きく異なるため、仮定をたてても分かりづらくなるため計算はしませんが、学校で使っている水道の料金が10%〜50%も安くなるのは素晴らしい節約になりますよね。

もちろん、初期投資はかかってしまうかもしれませんが、長い目で見ていけば悪い話ではありませんので、検討してみる価値はあります。

その6.学校での「節水ルール」を徹底する

library

学校で「はみがきにはコップを使う」、「掃除にはバケツをつかう」などのルールを一覧にしてチェックシートなどで管理すると、大きな節水効果が見込めます。

子供にルールを与えても、実際にはさほど効果がないのではないか、と考える方もいるかもしれませんが、学校は基本的に「集団行動」ですので、集団での目標として「この程度の節水をしよう!」とかかげると、意外にも素直に実行してくれるものです。

熊本県で行われた、実際に小学校ごとに節水意識をよびかけ、どのくらい節水できたかを競い合う「節水コンクール」というものがありますが、ここでは児童集会での節水の呼びかけや、具体的に「じゃ口はこまめに閉めよう」という行動目標も説明し、水についてのクイズも出すなど、生徒の節水意識を高める取り組みが行われました。

また、クラスごとに節水に繋がる行動がどれだけ出来たかをチェックシートにし、クラスそれぞれで比較できるシステム作りなどの工夫もあった結果、年間の水道使用量が約20,000m3を超える程度だったのが、約半分の10,000m3程度まで下がったという劇的な節水効果が見られました。

1m3=1,000Lですので、水道代に換算すると、

10,000m3×1000L/m3×0.24円/L=2,400,000円

つまり年間で200万円を超える水道料金が節約できたということです。

ルールづくりは、ただルールを決めるだけではなく、学校で一丸となって節水に取り組む雰囲気作りが大切ですが、努力の分大きな結果としてかえってきますので、ぜひ取り組んでみてほしい方法です。

その7.ぞうきん、筆などを洗うときはバケツを使う

cleanup

ぞうきんや筆などを水道で洗うとき、何分間くらい水を出しっぱなしにするでしょうか。

1回5分として、1分間あたりの水道から出る水の量は15L程度ですので、600人の生徒が毎日30日間洗い物を1つずつすると、

600人×15L/分×5分/回×1回/日×30日=1,350,000L

となり、

水道料金は、1,350,000L×0.24円/L=324,000円

にものぼります。

これを、バケツにためて洗えば1回につき10L程度もあれば十分ですので、今までの使用量と比較し、10L/日÷(15L/分×5分/回×1回/日)=約13.3%

程度まで抑えられます。

金額としては、1か月あたり324,000円×13.3/100=43,200円

と、

かなり少なくなりますので、ぜひ洗い物をするときは、バケツを活用して節水してください。

節水意識を「集団」で身につけよう

今回は様々な節水方法をご紹介いたしましたが、学校での節水のポイントとなるのは、どれだけ生徒一人ひとりに節水意識を持たせるか、というところにあります。

生徒に節水意識を持ってもらわなくては、少人数の職員が節水するだけではほとんど節水効果はありませんので、上手に「集団行動」の一環として取り入れることが大切です。

ルールづくりだけではなく、クラス対抗で節水行動を競うなど、生徒にやる気を出してもらう方法、楽しみながら節水してもらう方法はありますので、ぜひ工夫して節水に努めてみてくださいね。

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1)電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4)顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5)当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6)省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    a.当社は第1項の利用目的のため、当社との契約の基、広告掲載を行っている企業に取得した個人情報をメール等にて提供いたします。
    b.当社は取得した個人情報を、本項a及び以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1)ご本人の同意がある場合
    (2)法令などで認められた場合
    (3)人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第1項に定める利用目的の範囲内で、委託を行うことがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第二長岡ビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子