electrical_wire

2016年から開始された電力自由化ですが、高圧電力と低圧電力では切り替えられる電力会社が異なるケースが多々あります。

安い電気料金プランに乗り換えるために、まずはあなたが電気を使いたい家、あるいは施設で契約している電力が高圧と低圧どちらなのかを把握しておきましょう。

ここでは高圧電力と低圧電力の違い、そして見分け方を解説いたします。

これが高圧電力と低圧電力の違いだ!

pointing_out

低圧電力と高圧電力の違いはズバリ、契約電力が50kW以上の場合は高圧電力、50kW未満を低圧電力という契約上の区分です。

また、高圧電力は6600Vで引き込んだ電力を使用したい電圧に変圧して使用しますが、低圧電力は電柱の上についているトランス(変圧設備)で電力を100Vや200Vに変圧してユーザーへ送り届けます。

高圧電力の対象になるのは主に工場、病院、デパートなど電気の使用量が多い施設で、低圧電力は一般家庭や小規模事業所のような、電力使用量が比較的少ない施設が契約対象です。

家庭・事業所など低圧電力を安くするには

大きなマンションは?

50戸以上の大規模マンションの場合、オーナーや管理組合などが電力を高圧で一括契約していることがあります。

「高圧一括受電」と呼ばれるこの契約方法は、管理会社が電力会社あるいは一括受電サービス事業者とマンション一棟単位で高圧契約を結びます。

高圧電力の単価は低圧電力よりも安いため、一括受電を結ぶと差額が生まれ、マンションの専有部と共有部にかかる電力コストを大幅に下げられます。ただし、この場合は戸別の電力会社乗り換えは不可能です。

マンションの高圧一括受電サービスとは

マンションであっても一括受電ではなく低圧電力を戸別契約している物件なら、賃貸であっても低圧向けの新電力へ乗り換え可能です。

高圧一括受電のマンションかそうでないかは建物の規模で決まる部分が大きいですが、最大の見分け方は敷地内に電気室や変圧設備があるかどうかです。高圧で一括受電した電力はマンションの敷地内設備で低圧に変えられ、各家庭に供給されるからです。

高圧と低圧の電力自由化

electricity_liberalization

実は電力の自由化は今に始まったことではなく、工場や病院、あるいはスーパーマーケットなどの大口利用者に対する高圧電力はすでに2012年から始まっています。自由化の対象になるのは一般家庭などの小口利用者に対する低圧電力だからです。

2016年からの電力自由化は一般家庭など低圧電力市場が対象

電力には高圧電力と低圧電力があり、工場などの大口利用者である高圧電力の方は、2012年にすでに自由化は始まっています。それに対して、最近ではテレビにも多くのCMが登場して、人々の関心を集めている電力自由化は一般家庭などが利用する低圧電力が対象になります。

これが大きな話題になり人々の関心を集めているのは市場の大きさにあります。この低圧電力の市場規模は実に8兆円にも及ぶ巨大なマーケットといわれ、それ故に多くの業者が参入してきたのです。

そして、一般家庭に電力自由化の波が広がるとともに、高圧電力を見直す法人企業が増加しました。業務に欠かせない電力コストを電力会社の乗り換えによって削減し、長期的に利益を増やせることが改めて周知された結果とも言えるでしょう。

高圧電力と低圧電力では費用が大きく異なる

電力の費用には、設備の設置費用や維持にかかる費用と電力の基本料金からなる固定費用と、使用量によってかかる変動費用があります。この二つの費用について高圧電力と低圧電力での違いを見てみましょう。

高圧電力にはキュービクルの設置が必要

高圧電力の場合は、キュービクルと呼ばれる変圧設備を設置しなければなりません。キュービクルは、縦長の箱状のもので外側に変電設備の印が付けられています。

このキュービクルは、電気事業法で定期的な保安点検が定められています。この点検は電気主任技術者などによって行われますが、それが無理な場合は電気保安協会などへ依頼することもできます。今では、この保安業務は自由化されていて低料金による保安点検が広まっていますから費用や手間については心配いりません。

固定費の違い

高圧電力の場合は、キュービクルの維持管理費用がかかります。定期点検など業者などに委託する費用が発生するからです。一方低圧電力は、設備はありませんから固定費に相当する費用はありません。

変動費(電気使用量)の違い

低圧電力の料金は従量電灯で決められています。これにより電気料金の単価は、使用量が増えるほど高くなる仕組みになっていて、電力会社によって差がありますが、その金額は1kW18円~29円で推移しています。これに対して高圧電力の方は13円~17円程度ですから、低圧電力と比べてかなり割安といえます。

高圧電力の乗り換えでは業者選びを慎重に

高圧電力の業者乗り換えで注意しなければいけないのは、業者の選択を誤らないことです。自由化で参入してきた新電力の会社には高圧電力に慣れていないところも少なくないからです。そうしたところを選ぶと後々の安全・安心に不安が残ります。そうしたことのないように高圧電力に実績のあるところを選択することが大事です。

特に供給エリア・負荷率などにより電気料金の価格が新電力によって大きく異なります。必ず見積もりは複数の新電力を比較することをお勧めします。

例えば新電力の一つであるJ:COMという会社がありますが、ここは2012年の高圧電力自由化当時から高圧電力サービスを提供していて実績があります。それだけでなく、全国12ヵ所にカスタマーセンターを置くなどして、サポート体制にも万全で臨んでいます。業者乗り換えに際しては、料金面も大事ですが、こうしたサポート体制などのアフターフォローの点も見逃してはいけません。

高圧の電気料金を安くするなら一括見積もり

estimate

特別高圧と高圧電力はすでに自由化が始まっていますから、原則として全ての需要家が電力会社を自由に選択し、安いプランに切り替えられるようになりました。

新電力が続々と参入しているのは低圧分野ばかりでなく、高圧電力も同様です。高圧・特別高圧契約をしている法人企業なら「電気料金が5%安くなる」というレベルではなく、「15%~30%の電気料金削減」も見込める大チャンスの中にあるのです。

事業内容や設備の稼働状況によって削減できる金額に差がつきますので、まずは複数の新電力へ見積を比較することから始めてください。その見積り結果には、多少驚かれるかもしれません。

高圧・特別高圧向けの電気料金比較サイトスイッチビズでは、サイト利用者の94%が既存電力よりも電気料金が安くなっています。
利用者の中には電気料金が29%も削減した事例もあり、年間数100万単位で電気料金の削減に成功しております。