businessman's hand and building
大きなビルや工場などで契約される高圧電力は、主に一般家庭などで契約される低圧電力と比較すると、電気料金や明細書など、異なる部分も多くあります。高圧電力の電気料金明細書にはさまざまな数値が記載されており、一見わかりにくいような気もしますが、ポイントを押さえれば理解できるようになります。

ここでは、高圧電力の電気料金明細書の見方について解説しています。明細書の見方を理解することで、どの程度の電力を使っているかを把握できますので、参考にしてみてください。

 

家庭用の電気料金明細の見方はこちら
ここでは、中部電力の明細書を例に挙げて説明していきます。

上記の図解に記されている各項目、およびナンバリングを一覧にしたものが以下の表です。

 

契約内容 請求金額内訳
1.お客さま番号 7.振替日と支払期日
2.契約種別 8.基本料金
3.契約電力 9.電力量料金
4.最大需要電力 10.割引料金
5.供給電圧 11.燃料費調整額
6.力率 12.再生可能エネルギー(再エネ)発電促進賦課金

こちらの記事では中部電力の高圧電力電気料金明細を例に、契約内容、請求金額内訳の2つに分け、それぞれの項目を詳しく解説していきます。

 

中部電力|特別高圧&高圧電力の料金についてはこちら

契約内容

契約内容の項目には、契約の基本事項が記載されています。契約のプラン名や、請求金額を計算する元になる数値も書かれているため、確認してみてください。

お客さま番号

契約者のID番号です。電力会社に問い合わせる際などに必要となりますので、大切に控えておきましょう。

契約種別

契約のプラン名が記載されています。もし契約が高圧電力なのか低圧電力なのかわからない場合は、この項目を確認してみましょう。高圧電力の契約であれば、「高圧」という文字が契約名に含まれているはずです。

電力会社によっては「高圧」という言葉が使われていないこともありますが、その場合は、契約電力の項目を見てみましょう。この数値が50kW以上であれば、高圧電力の契約であると判断できます。

 

高圧と低圧の違いについてはこちら

契約電力

契約している電力の容量です。過去一年間の最大需要電力を元に決定され、基本料金の計算の根拠となります。

最大需要電力

電力は、30分ごとに平均値が記録されており、その中で最も大きい値が、その月の「最大需要電力」としてこの項目に記載されます。そして、過去一年間の中で最も大きい「最大需要電力」が契約電力となり、基本料金が計算されます。

そのため、「最大需要電力」が前月までの最大値を超えないように管理することが大切です。もし最大値を超えてしまうと、翌月から契約電力が高い値に更新されてしまいます。一度上がった契約電力は1年間下げられないため、料金負担が大きくなってしまいます。特に、夏や冬は空調設備の使用が多くなるため、「最大需要電力」が大きくなる可能性が高く、注意が必要です。

 

デマンド契約の詳細についてはこちら

供給電圧

供給電圧の数値が記載されています。この数値が6kV以上であれば高圧電力の契約と判断できます。

もし、どの項目でも高圧かどうか判断できないときは、敷地内にキュービクルがあるかどうかを確認してみましょう。高圧電力は、6,600Vで敷地内のキュービクルに送られ、そこで100Vや200Vに変圧されるため、キュービクルがあれば高圧電力の契約であることがわかります。

力率

力率とは、電力会社から送られてきた電力のうち、有効に使用された電力の割合のことで、昼間の時間帯(8〜22時)に測定された数値を元に計算され、月ごとに決まります。そして、この力率を元に「力率割引・割増」と「基本料金」が以下のように算出されます。

 

力率割引・割増 = (185 – 力率)/100

 

基本料金 = (契約電力) × (基本料金単価) × (力率割引・割増)

 

つまり、力率が高いほど割引が大きくなり、結果として基本料金は割安となります。逆に、力率が低いほど割増が大きくなり、電気料金は割高となります。

前述のように、力率は8〜22時に測定した値を元に計算されるため、この時間帯に高力率な家電を使い、早朝・深夜に低力率な家電を使うことで、電気料金の削減につながります。

 

力率の詳細についてはこちら

振替日と支払期日

請求金額の支払期日が記載されています。支払い期日を過ぎてしまうと、延滞金を払うことになるため、注意しましょう。

請求金額内訳

 

請求金額内訳には、電気料金の計算の元になる数値が記載されています。
電気料金は、基本料金、電力量料金、再生可能エネルギー発電促進賦課金の3つを合計して下記のように計算されるため、電気使用量と共にそれぞれの金額が表示されています。

 

電気料金 = 基本料金 + 電力量料金 + 再生可能エネルギー発電促進賦課金

基本料金

この項目には基本料金が記載されています。基本料金は、契約電力と力率によって、以下のように計算されます。

 

基本料金 = (契約電力) × (基本料金単価) × (力率割引・割増)

 

基本料金単価は、「請求金額内訳」の右にある「電気料金単価表(13)」に記載されています。

料金単価表

 

この例の場合は、

基本料金単価 = 1,614.86(円/kW)であり、

 

力率割引 = (185 – 100)/100 = 0.85となるので、

 

基本料金 = 300(kW) × 1,614.86(円/kW)× 0.85 = 411,789.30円
となります。

 

契約電力と力率は、前述のように電気の使い方によって月ごとに変化し、電気料金にも大きく影響してくるため注意が必要です。

 

高圧電力の基本料金の仕組みを徹底解説!!

電力量料金

この項目には電力量料金が記載されています。電力量料金は、電力量料金単価と使用電力量によって、以下のように計算されます。

 

電力量料金 = (電力量料金単価) × (使用電力量)

 

電力量料金単価は、電気料金単価表(14)に記載されており、季節や平日・休日によって異なります。
また、使用電力量はその月の電気使用量を示しており、この数値が大きいほど、多くの電力を使用したことになります。

割引料金

契約継続などによる割引額が表示されています。この例の中部電力では、契約継続期間により基本料金を割引するメニューが準備されています。このメニューに加入すると、電気の使用開始日から1年以上経過している場合は1.0%、さらに1年経過すると1.5%、2年経過以降は2.0%の割引が適用されます。

一般的に、契約を継続していると割引率は高くなっていきます。ただし、割引率には上限があることも多いため、契約継続するよりも電力会社を乗り換えた方がお得な場合もあります。ぜひ、他社の見積もりも確認してみてください。

 

一括見積もりはこちら

燃料費調整額

燃料費調整額とは、原油・石炭・液化天然ガスといった火力燃料の価格変動を電気料金に反映させるための数値で、以下のように計算されます。

 

燃料費調整額 = (燃料費調整単価) × (使用電力量)

 

燃料費調整単価は、電気料金単価表(15)に記載されています。この例の場合は、

 

燃料費調整単価 = 0.66(円/kWh)であり、

 

使用電力量 = 39,000(kWh)ですので、

 

燃料費調整額 = 0.66(円/kWh) × 39,000(kWh) = 25,740(円)
となります。

 

燃料費調整単価は、それぞれの火力燃料の3ヶ月間の貿易統計価格に基づいて、毎月決定されます。平成24年1月〜3月の平均の貿易統計価格に基づいて基準燃料価格が設定されており、それを上回るときはプラスの調整が行われ、下回るときはマイナスの調整が行われます。

再生可能エネルギー(再エネ)発電促進賦課金

近年、「再生エネルギーの固定価格買取制度」が制定され、再生可能エネルギーによって発電された電力を、電力会社が一定の価格で買い取ることになっています。この制度により、発電設備を導入する費用の回収計画が立てやすくなるため、より普及していくことが期待されています。

また、この制度によって、電力会社が電力を買い取るための費用は、電気の使用者全員が「再生可能エネルギー発電促進賦課金」という形で負担することになっています。再生可能エネルギー発電促進賦課金は、電気の使用量に応じて以下のように決定されます。

 

再生可能エネルギー発電促進賦課金 = 再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 × 使用電力量

 

再生可能エネルギー賦課金単価は、電気料金単価表(16)に記載されています。この例の場合は、

 

再生可能エネルギー賦課金単価= 0.75(円/kWh)であり、

 

使用電力量 = 39,000(kWh)ですので、

 

再生可能エネルギー発電促進賦課金 = 0.75(円/kWh) × 39,000(kWh)= 29,250(円)
となります。

 

「再生可能エネルギー発電促進賦課金単価」は、年間で再生可能エネルギーがどれくらい導入されるかを予想し、毎年度、経済産業大臣によって決定されます。

明細書を活用して電力コストを削減する方法

以上のような数値を合計した額が毎月の請求金額になります。電気料金明細書を理解すると、請求金額だけでなく、どの程度の電力を使っているかを把握できます。そのデータは節電につなげたり、電力会社の変更を検討するのに活用できますので、ぜひ明細書を見直してみてください。

また、お得な電力会社を見つけるためには、一括見積もりサイトの利用が時間と労力を短縮できるためおすすめです。スイッチビズでは無料で5社に一括見積もりができますので、ぜひお試しください。

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1)電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4)顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5)当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6)省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    a.当社は第1項の利用目的のため、当社との契約の基、広告掲載を行っている企業に取得した個人情報をメール等にて提供いたします。
    b.当社は取得した個人情報を、本項a及び以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1)ご本人の同意がある場合
    (2)法令などで認められた場合
    (3)人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第1項に定める利用目的の範囲内で、委託を行うことがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第2noteビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子