hospital

毎日何人もの患者様が出入りする病院にかかる水道料金はエネルギーコストの中で電気料金の次に多くかかるコストです。

そのため、節水をするだけでコストは簡単に下がります。

でも、節水を呼びかけるにも多くの患者様がいるのでは難しい問題です。

また、病院の場合、トイレや浴室、厨房など多くの水場が存在し、節水をするには手段が必要とされます。

入院設備のある病院ではトイレの数が多い上に入浴設備や入院患者に出す食事のための大型厨房が設置されています。

これらの設備の節水をするには1人1人が気を付けるというよりも設備自体に仕掛けを施せば良いのです。

初期投資がかかったとしても、その方がより効果が大きく反映されるためおすすめです。

水道の節水だったらトイレタンクの中にビンやペットボトルなどを入れカサ増しすればよいのでは?と考えた方はおりませんか?

これは残念ながら間違いです。

トイレのタンクの故障の原因になりかねません。

トイレの便器のサイズに合わせた適量の水を流さないと悪臭や尿石の原因になり、節水ができたとしても結果的に清掃作業や修理費用など無駄な経費が掛かることも考えられます。

後で後悔しないためにも病院で上手に節水出来る方法をご紹介します。

病院の節水おすすめ3つはコレ!

hand-wash

?トイレ、蛇口、シャワーに節水器を設置する

トイレタンクや蛇口、浴室のシャワー、厨房設備など、取り付けられる所へ設置すれば上下水道の節水効果を1〜3割を確実に得られます。

節水器の特徴はジェット噴射方式のため、水圧変化がなく、排水量が減るという理想的な効果です。

以前の節水には水の流れる量を減らすというものでした。

そのため、水圧が弱く、水量が細いため、病院などの大型施設には使用感が違うという理由から不向きでした。

節水に大切なことは使用感です。

毎日何度も利用するものですから違和感があっては長続きしません。

また、水は病院の画場仕事でも多く使われるため、不快感や不便さが生じますと仕事に影響を及ぼし理想的ではありません。

節水で大切なのは誰でも簡単に出来て手軽というのが理想です。

病院の場合、お子様からご年配の方が利用し、特に入院患者に占める年代の多くは高齢者です。

病院などの大型施設で節水器を導入し、水資源を守るのは環境保護のため、より一層取り組むことでエコロジーを大切にするための一般家庭の方の見本になります。

節水器は病院だけではなく大型宿泊施設やホテル、公共施設などで最近では多く取り入れられています。

節水器の設置でどれだけの水道料金が節約出来る?

faucet

シャワー使用時、1分間の水量が20リットルの場合、1時間で約750リットルの節水になります。

この場合シャワーだけで約5割の節水になり節水効果が高いことが分かります。

病院での水道使用量が2000?の場合節水器設置で1400?まで減り、600?が節水出来た例もございます。

この場合、水道料金が約70万円だったのに対し設置後は45万円台に下がり、約25万円分の水道料金の節水が可能になった内容です。

大きな病院になればなるほど水道料金の負担額が大きいため、思いがけない節水効果とコスト削減が実現できるでしょう。

節水器の設置は面倒?どのような流れなの?

節水器は自分で購入して取り付けるのではなく、専門の業者が伺い下見をし、どれだけの節水が出来るのかという節水予測を立て、導入を検討する流れが一般的です。

病院の場合、信頼できる業者にやってもらうのがおすすめです。

病院では不備があり、水場が利用出来なくなるのは運営上の問題が出てしまいます。

プロの専門業者に依頼し、安心して節水ができる環境を作り大きな節水効果を得ましょう。

また、実例があまりない業者よりも経験豊富な知識を持っている方が節水効果に対する知識が深く、安心して依頼することが出来ます。

?トイレを節水型に変える

toilet

病院のトイレが30年前から同じというのであれば、水道料金を7割多く支払っていることになります。

30年前のトイレで1回流す水量は20?です。

現代型のトイレは約8割カットで3.8?のものがあり、1回の使用で16.2?もの大きな節水効果を促します。

でも、そんな効果を知らず、トイレの給水タンクの中にビンやペットボトルなどでカサ増しすればいいのではと考えている方が意外に多いのです。

カサ増しすれば1回の流す水量は減ります。

しかし、トイレの構造が給水タンク内にある水量を流さないと便器内の汚れを流しきれない理由から菌が繁殖して黒ずみ化、または尿石が溜まりやすい結果になってしまいます。

尿石とは石のように固く便器にこびりつく汚れで拭いても磨いても取れにくく厄介な汚れです。

これは尿に含まれる成分が原因でカルシウムなどが固まり結晶化した状態で見た目も汚く、トイレのニオイの原因のため、尿石が付いたトイレは病院内のトイレにはふさわしくありません。

そのため、トイレの水をトイレの便器の大きさを無視し必要以上に水を使わないようにするのはおすすめできないトイレの節水方法です。

トイレの流す水量は下水道までしっかり流さないと汚れの原因に!?

トイレで最後に流す水は便器内の汚物が流れれば良いのではありません。

しっかりと下水道まで運ぶ意味が込められているのです。

つまり、中途半端に流せば便器の近くに汚物が存在し、臭気や菌が逆流しやすく自己流の節水方法は不衛生を招きやすくなります。

この給水タンク内に物を入れてカサ増しする方法は衛生上の問題や故障の原因にもなりかねないため病院内にはおすすめできない節水方法です。

せっかく節水したいと自己流の対策をしてもこれでは意味があまりありませんね!

節水型トイレの特徴

節水型トイレは水を流すときに渦を巻くように流れるなど、工夫が施されています。

また便器の表面に特殊コーティングがされ、汚れの付着を防ぎます。

清潔で経費削減の節水が出来るのは病院のトイレに理想ですね。

また、節電タイプのものが多く、節水効果にプラスし節電効果もあるため、エコロジーに大変役立ちます。

また機種にもよりますが、脱臭効果やノズル洗浄、使用後に除菌水を吹きかけ便器内を除菌するタイプもございます。

節水のほかにも清潔を保つ機能があり、病院で使用するトイレに節水型トイレが適しているのが分かります。

?厨房システムを替える

kitchen

昔ながらの手洗いの食器洗いや1から食材を調理する方法は人員への手間や負担、経費などを考えると大きな経費に膨れてしまいます。

なにより使用する水道量がかさみ、節水は難しいと考えられます。

大型病院施設では洗浄機器、厨房機器のシステムを一括し、真空調理やチルド商品の取り入れで時間と光熱費を大きく削減するのが可能になりました。

節水となると食器の洗浄と鍋やまな板などの調理器具の洗浄に使う水量を節水できれば経費削減になるでしょう。

それは一度に大量に洗える食器類を洗うための節水型洗浄機器や真空調理法の導入やチルド品を上手に活用することで手作り感のある温かい料理を素早く提供でき、光熱費の削減にも役立ちます。

節水型洗浄機器の導入で節水と衛生面の効率UP!

節水型洗浄機の導入のほか、今お使いの洗浄機に節水ユニットを搭載すれば約3割の節水効果を得られ、どちらも大変おすすめです。

病院におすすめ新型節水型洗浄機器

食器類が整理されるタイプの大量の食器を洗浄できる新型節水洗浄機器があります。

これは、自動で食器を節水しながら洗浄するタイプで衛生的で病院内の厨房におすすめです。

洗浄機に搭載出来る節水ユニットとは

後付け出来るタイプなら、お使いの洗浄機に節水ユニットが搭載出来ます。

この節水効果は従来の約3割もの節水効果があり、大量に毎日水量を使う病院などに節水効果を簡単に得られる方法の1つです。

真空調理が病院食に使われるメリットとは?

栄養価が高いのはフィルム内で密封された状態で調理するためです。

普通に調理した場合と比較すると煮物では、食材から水分の流出が少なく栄養価が高いまま食材を調理できます。

また、うまみ成分を逃さず、おいしいおかずが手間いらずに出来ることです。

そしてフィルム内で調理することで無駄な水を使いません。

調理に関しても茹でるなどの工程が省かれているため節水につながります。

また、調理器具の洗い物を減らします。

よって節水効果が期待出来るというわけです。

低温調理法でホテルのシェフの味を簡単に!

真空調理法は低温加熱の原理でジューシーに食材を調理出来る魅力があります。

この真空調理法は一流ホテルでも使われる技法で今や大型施設で大量の調理をする場合においしさや節水効果が期待できるため、人気の調理法でもあります。

もし病院の設備導入などを検討する機会があれば、こうした設備導入もコスト削減になり病院設備以外の高齢者施設などでも積極的に活用されている人気の調理法のため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

病院での節水は3つの方法を取り入れることで水道料金の負担額を減らします。

初期費用を考えても、永遠に負担がのしかかるよりも数年後に初期費用以上の効果が表れるのはうれしいですね。

大型施設では、節水をはじめ、あらゆる手段で節電などを取り組むのがあたりまえになりつつあります。

そんな節約術や実例など、あなたに役立つ情報をタイナビスイッチで取り入れてみませんか?こんな節約術でコスト削減ができるの?など知らなかった情報をGETできるチャンスです!

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1)電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4)顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5)当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6)省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    a.当社は第1項の利用目的のため、当社との契約の基、広告掲載を行っている企業に取得した個人情報をメール等にて提供いたします。
    b.当社は取得した個人情報を、本項a及び以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1)ご本人の同意がある場合
    (2)法令などで認められた場合
    (3)人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第1項に定める利用目的の範囲内で、委託を行うことがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第二長岡ビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子