高圧メーター

電力自由化で工場の電力も切り替え

工場など、電気を大量に使用するほど、最適な新電力に切り替えるだけで大幅なコストダウンに成功します。

日本の電力市場の額は年間20兆円といわれています。

その約60%は法人である工場です。

工場の電力は自由化されていますが、工場では電気を大量に使用することから、電力会社と電気料金プランを適切にしないと無駄な経費が掛かり、経営を圧迫する恐れがあります。

工事などで大量に電力を使用する場合、大手電力会社から電気を購入するより、新電力に切り替えただけで大幅なコストダウンにつながる事例はたくさんあります。

大規模工場などでは、新電力に切り替えただけで年間約1〜16%の電気代が削減できるといわれています。

そうなれば莫大な電気代を年間で支払っているとなると数十万〜数千間円のコスト削減が可能になる場合があります。

法人にとって電力会社や料金プランを変更しただけで経費削減ができるのは嬉しい効果ですね。

工場などの電力自由化は2000年から始まっており、地域の電力会社だけが契約できるシステムだったのが新電力を含む電力会社の中から自由に選択できるようになりました。

新電力に切り替えていない法人は電力会社の見直しと料金プランにどのようなタイプがあるのか知ることで大幅なコストダウンが見込めます。

法人で新電力に切り替える場合のポイントは次の2つです。

?時間帯で使用電力が変動する

?季節で使用電力が変動する

この時間帯と季節にポイントを置き、新電力の検討をしましょう。

思わぬ経費削減になるかもしれません。

  • 工場の新電力におすすめのプランが知りたい
  • コストはかからないのか?
  • 法人の電力プランはどのように見つけ出せばよいのか

この3つに観点を置き、工場で使用する電気は電力小売自由化を上手に利用し、経費削減から経営上昇に結びつく電力切り替えのメリットをご紹介します。

⇒工場の節電対策に有効な8つの方法

工場におすすめ低圧電力プラン

工場には「電灯のみ」「低圧電力のみ」「電灯と低圧電力」と3種の契約方法がありますが低圧電力プランは電力量単価が格安という特徴があります。

工場などで、業務用のモーターを使用する場合は低圧電力プランがおすすめです。

どのパターンが見合うのか上手に検討すれば電気代削減が実現します。

新電力へ切り替えればどんな特典があるのか?

新電力切り替え

法人向けの新電力に切り替えるだけで大幅なコスト削減が期待できます。

法人向けのプランには特別高圧プランや高圧プランがありますが大量の電力を必要とする高圧や特別高圧プランを受給する場合、安い新電力に移行するだけで、大幅は経費削減が見込めるため、急速に新電力への移行しております。

特に工場の場合は、週休二日制や1日10時間程度の稼働、もしくはフル回転で稼働する工場も少なくはありません。

そうなると安い時間帯に工場を稼働する率を増やせば、稼働率の高い時間帯に安い料金プランをあてはめればさらに電気代が安くなります。

さらに工場の場合、使用電力が多いほど切り替えるメリットが増えるため、他社との比較をおすすめします。

燃料費が高騰し、電気代の値上げが続く中、新電力の電力プランが多様化したことで電気代の価格競争は新電力だけでも激化しています。

その中から見合う電力会社と料金プランを見出せば大きな設備を構えている工場では電気を大量に使用するため確実に電気代を削減できます

例えば毎年1,000万円の電気代を支払っている場合、見合う新電力に変更するだけで10万〜160万円の削減に成功します。

簡単に経費削減ができる方法の1つです。

法人プラン変更でコストはかからないのか?

計算機を持つ女性

法人プランに変更するコストはかかりません

電力会社を切り替えるための移行は簡素化されており、法人側に負担はかからないように配慮されています。

移行に伴う契約手続きは新電力がおこなうため、解約手続きなど面倒な作業もありません

また、工場を停止させるなど業務にかかわる負担もないため、気軽に新電力へ切り替えができるということです。

トラブルなどのリスクはないのか?

考える女性

法人向け電力プランに変更した場合、送電は地域電力会社の送電網を利用します。

そのため新電力に移行したからといって停電や電力が不安定になるなどトラブルが増えるということはありません

もし仮に停電などのトラブルが起きても既存大手電力会社が電力を供給してくれるため電力不足になることはありません。

ただし、100%停電しないとは限りません。

なぜなら、大震災などが発生した際は発電所自体が停電する場合があるからです。

発電所からの送電線が切れてしまうことも考えられます。

そうなると、新電力に限らず、地域の電力会社でも同じリスクのため、100%という保証はどの電力会社でもありえないのです。

いずれにしても多くの電力会社のデータからどこの電力会社のプランを選択すれば、よりメリットがあるか慎重に判断しなければなりません。

新電力は電力自由化から電力会社に参戦する会社でサービスプランにそれぞれ特徴があります。

安定供給がなぜできるのかなど、特徴を理解し、契約する必要性があります。

新電力にすればどのプランでも格安になるのか?

コスト削減

新電力にプラン変更したからといって必ずしも安くなる保証はありません。

きちんと価格帯を調査し、どのプランが最適なのか探し、契約して初めてコストダウンが実現するのです。

メリットを受けられるのかは他社との比較をしっかりとおこない、削減額がいくらになるのか計算し、節電に結びつけなくてはなりません。

試算を間違え、新電力に切り替えると今までよりも電気代がかかってしまったなど、思わぬトラブルを招く事態につながります。

値上げが続く電気代は安い電気を求め大口顧客ほど、新電力に切り替えが進んでおり、複数の電力会社から適切に一括見積りができることが好ましいでしょう。

法人向けの新電力プランはどのように探すのか?

法人向けの新電力プランを見つけ出すのは大きく分けて2つの方法があります。

?試算してくれる専門コンサルタントを活用する

?信頼できる比較サイトを上手に利用する

新電力へ移行するには試算が適切でなければなりません。

特に大量の電力を必要とする工場は試算が適切ならば削減率もUPします。

?の専門コンサルタントとは、エネルギーを最適にするために全国にある新電力事業者の中から対応できる新電力の料金プランの中から最適なプランを探し、どれだけ安くなるのか電気料金プランを見積もってくれるサービスです。

無料の場合と費用が掛かる場合があり、提案されたプランから選択すれば面倒な手続きを代行しておこなってくれる便利なサービスです。

複数の電力会社の削減額を試算してもらえるため便利です。

?の比較サイトとは、パソコンから自分で試算できるサービスです。

現在の契約電力会社や契約している電圧など、簡単な項目を記入すれば完了です。

約20秒で試算ができる比較サイトもあるため、気軽にいつでも試算ができるためおすすめです。

このように多様化された料金プランの中から魅力的なプランを見つけ出すのは大変なことです。

さまざまな料金プランから比較を簡単に行うには比較サイトを上手に活用することです。

比較サイトのメリットは多様な料金プランから選択できるだけではなく、費用が掛からず利便性が高いことです。

時間帯や季節で使用電力が変動する場合でも使用時間の形態を考慮して計算してくれるため大変便利です。

自分でどのプランが適しているのか時間を細かく計算しなくても簡単に試算してくれる魅力があります。

そして比較サイトでなにより大切なのが信頼性です。

比較サイトは多くの利用実績がある信頼性の高い比較サイトを利用しましょう。

信頼度が低い比較サイトの場合、試算された数値が適格でなく、契約してそんなにメリットを感じないなど後からきちんとしたプランが提示される比較サイトの結果を信じればよかったと後悔してしまう場合があるからです。

また、Webで気軽に信頼性の高いサイトを利用すれば信頼度の高い比較ができ、さらに申し込み手続きも簡単にできるため大変便利です。

今後、大手電力会社との電気料金の競争が激化される予想ですが、割引のことにプラスして、大量に電力を使用する理由から「地球に優しく」というテーマについても考えなくてはなりません。

再生可能エネルギーが使われている電力会社から購入するなどでCO2排出量を考慮した電気を購入するなども電力自由化では可能です。

より電力会社の選択と料金プランの選択肢を幅広く考え、地域の見本となるエコフレンドリーな企業が今後求められるでしょう。

工場の電気プランは慎重に選ばないと大幅に損をしてしまうかも!

大量に電気を使用する工場の電気代は年間で莫大な金額になります。その電気代のコスト削減には適正な比較が重要です。スイッチビズはそんな法人様の高圧・特別高圧の電気料金を診断するための専門家が在籍しており、診断精度は業界NO1です。ぜひ、診断して試してみましょう。