コストカット

経費削減はどんな小さなことでも積み重ねれば大きな節約になります。

経費が余計にかかり、長年そのままというのでは損失が多くなり経営の負担になりかねません。

利益=売り上げ-コストです。

コストには削減できるコストと削減ができないコストがあります。

削減できるコストには光熱費などのエネルギーコストや賃貸など、削減できればさらに利益を増やせるコストのことです。

削減できないコストとは、

  • お客様に直接かかわる顧客満足
  • 仕事にかかわる開発費
  • 社員教育費

などがあります。

経営に利益を上昇させるためのオフィスコストは削減リストには入れず、経営にかかわらないオフィスコストは削減をできるだけ削減するのは純利益を生み出す優良企業の第一歩です。

オフィスコスト削減は簡単に実践できるものが多く、アイディアひとつで簡単にすぐにでも取り入れられるオフィスコストは意外とあるものです。

あなたの会社経営に役立てられるオフィスコスト削減アイディアをまとめました。

簡単にできるオフィスコスト削減ベスト5

簡単にできるオフィスコスト削減とはエネルギーコストにかかわる電気料金を削減する方法です。

エネルギーコスト削減とは主に光熱費の削減で光熱費には電気、水道、ガス料金の3つがあります。この中でオフィスに大きく反映しやすいのが「電気料金を削減する方法」です。

その1:年間20万も可能!オフィスの電力会社の見直し

鉄塔と夕焼け

電力自由化なのに電力会社は見直したことがないというのでは大きなオフィスコスト削減の可能性を見逃しているかもしれません。

オフィスでかかる電気料金コストは毎日必ずかかる光熱費で家庭とでは比較ができないほど大きな経費になります。

特に大規模なオフィスの場合、パソコンなどの電化製品や空調設備、照明数の数が多く電気料金も高額になりがちです。

大規模なオフィスや小さなオフィスでも電力自由化を利用し、お得になった新電力を活用しましょう。

2000年から新電力でオフィスでは契約できるため、うちのオフィスは新電力だから大丈夫と安心していては最善方法とはいえません。

なぜなら新電力は増え続けており最初の頃の大規模工場やオフィスが主だった条件と現在では料金体系に違いがあります。

最近では中規模や小規模オフィスに最適な新電力が増え、あなたのオフィスが存在する地域で契約できる電力会社や電力プランが増えております。

そのため、日本最大級の電力プランと比較ができるスイッチビズでの比較をおすすめします。

最大で16%の電気料金の削減が可能です。

そのためオフィスコスト削減ができ、オフィスの利益が増えることになります。

オフィスで最大16%の電気料金コストが永遠に削減できるのは、どんな企業でもうれしいことです。

また電気料金の削減ができれば自然に税金の負担額も減りさらなるオフィスコスト削減になります。

また大手ガソリン会社の電力プランはガソリンが1リットルあたり10円の値引きなどガソリン代が安くなるプランも存在します。

営業車やトラックなど、会社経営で使用する車両のガソリン代が電気料金プランで安くなるのはオフィスコスト削減の裏技として使用できるかもしれません。

ぜひ新しい料金体系をスイッチビズでチェックしてみましょう!

その2:エアコンの温度設定を見直す

エアコン冷房の温度設定

ついやってしまいがちなのが暑い日に設定温度を低くすることです。

エアコンの設定温度を25℃から28℃に設定温度を変えるだけで電気料金に反映します。

鉄筋で9畳が目安の2.2kWのエアコンを業務時間内に6台稼働させたとします。

すると設定温度を25℃から28℃に設定温度を変更しただけで年間、70〜80万円のオフィスコスト削減になります。

そのため、設定温度は重要といえます。

その3:省エネ商品をオフィスで活用

ミーティングルーム

オフィスの照明をLEDにするのは今では皆さんが知っている情報かもしれません。

うちのオフィスだってそのくらいのことはしている!という方も多いのでは?

でも、オフィスの天井に2列直管型の2灯式蛍光灯用器具を取り付けるのは一般的な照明の使い方ですが、その照明器具「カットワンセイバー」でしょうか?

電力消費を半減できるシステムにカットワンセイバーがあります。

このカットワンセイバーとは1灯の蛍光灯で2灯の明るさを実現できる照明器具です。

よく、節電のために1本の蛍光灯を消す、または外す場合がありますが、カットワンセイバーの場合蛍光灯の部分にダミーの管をはめ、反射率により明るさを2灯点灯したときとほぼ同じ明るさが実現できるすばらしい省エネ商品です。

明るさが半減した状態とは違い明るさはそのままでコスト削減ができる便利で画期的な照明器具です。

パソコンを利用するときや工場などで手作業をする場合などに便利で節電が簡単にできる方法のひとつです。

3灯式蛍光灯器具なら中心の蛍光灯管をはずし、反射板を利用すれば常に4〜5割の省エネ効果があり、広いオフィスにおすすめです。

  • LEDなら省エネ効果が75%
  • 明るさを気にせずに節電ができる
  • CO2削減効果
  • 点灯する蛍光灯が減ることで室内温度の上昇を防ぐ

オフィスにはかかせない照明にかかるコストを削減するために大変おすすめです。

その4:電気の利用状況を社員がいつでも確認できるモニターを設置する

タブレットを操作いている男性イラスト

電気料金の節約をするために大切なのは社員全員が節電を意識させることです。

電気料金の見える化は一般家庭でも電力自由化が始まり当たり前になりつつあります。

いくら社員の一部が節電を心がけていても社員数が多いオフィスでは電気を無駄に利用する人が大勢いては、オフィスコスト削減は難しいでしょう。

そのため、電力使用量や電気料金、二酸化炭素放出量などが一目でわかるパネルをオフィスに設置しましょう。

エネルギー管理に大変役立つ機能が搭載されております。

そのひとつが電力使用量予測警報で、電子メールでお知らせできるタイプもあります。

社員にメールで警告ができるためでんディスプレイ画面および電子メールでお知らせし、電力の使いすぎを防ぎます。

これらのモニターはブレーカーに外付けできるものがあり、2年分のデーターが保存できるうえ、パソコンと連携も可能です。

使用電力量に社員全員に興味を持たせ節電効果を発揮しましょう。

その5:オフィスでの大容量の電気ポットは魔法瓶タイプのものがおすすめ

電気ポットイラスト

オフィスで使用頻度の高い電気ポットは、お客さまにお茶を出すときや社員のお昼どきにカップ麺を食べるときに便利で欠かせない電化製品のひとつです。

しかし、この電気ポットは電気料金が高いイメージがありませんか?

高いと思うその考えは数年前では当たり前でしたが、最近は電気ポットが魔法瓶になっているタイプのものが多く登場し、保温にかかる電気代を節電できるため省エネ効果が期待できます。

魔法瓶タイプの電気ポットの特徴

  • 魔法瓶断熱層の構造を使用し、保温性を高め、消費電力を抑える!
  • 年間の電気代は魔法瓶タイプ以外の電気料金の約半額!
  • 2時間以上使用しない、または暗闇になると自然に電源が落ちるタイプもある!
  • 明るくなると電源が自然に入るタイプもある!
  • 5リットルと大容量タイプの魔法瓶タイプの電気ポットがある!

電気ポットに魔法瓶タイプのものが存在することは意外と知られていません。電気ポットの利用でかかる年間の電気料金は約8,000円です。

この電気代が約4,000円までに抑えられます。

電気ポットをたくさん利用しているというオフィスではオフィスコストを簡単に削減できる方法です。

地球温暖化の影響で二酸化炭素の放出を減らす意識改革は家庭でも高まりつつあるなか、多くの電気を毎日使うオフィスでは節電できることは取り組まなければならない時代です。

魔法瓶タイプの電気ポットをあなたのオフィスで活躍すれば自然に節電効果が表れます。

オフィスコスト削減であなたのビジネスを大きく変えてくれるでしょう!

オフィスコスト削減に役立つアイディアは、ほかにもたくさんあります。

もっと知りたい!どんなアイディアがあるの?と節電に興味があるのなら、スイッチビズで知識を深め、オフィスコスト削減に役立てましょう!