conference-min

省エネルギーセンターとは

オフィス

省エネルギーセンターは、1978年に、省エネルギーを促進していく専門機関として公益法人として発祥しました。
2012年4月以降は、一般社団法人として省エネルギーを通じて省エネの技術や知識の普及を行い、日本の産業や国民の生活の向上をコンセプトに活動しています。

今後の重要課題としては、下記のような部分があります。

今後の重要課題
省エネルギーノウハウの国際的な推進と技術協力
省エネルギー政策に関する協力
省エネルギーの人材育成
省エネルギー活動に関わる価値ある情報の提供

省エネルギーセンターの目的

省エネ

省エネルギーセンターでは、様々な目的を持ちながら使命を果たすための活動をしています。

社会的貢献

社会的貢献という視点から省エネルギーの推進を積極的におこなっていきます。
日本が推奨する国際的な活動や省エネルギー政策にセンターの経験や技術を最大限に活用して協力していきます。

省エネルギー活動支援

日本だけでなく海外にも省エネルギーを浸透させるために、家庭や地域、企業などが推奨する省エネルギー活動を意欲的に支援します。

ネットワークの拡大と浸透

省エネに関心のある方々との交流やネットワークの拡大に努めます。
真摯な対話を通して社会的に何が求められているのかを察知する視点を養い事業に活かしていきます。

専門知識と能力の向上

これまで培ってきた省エネルギーの知識を社会的貢献を実践するに当たり、センターを通じて最大限に活かしていきます。

継続して新しいチャレンジをしていく

エネルギー環境の情勢変化を把握しつつ、従来の固定観念に固執せずに新しい発想で省エネ技術の開発推進をおこないながら提案をしていきます。

環境への配慮

スタッフ自身も省エネ、エコ、グリーン調達を徹底して、職場も環境に配慮し活動を実践していきます。

能率的な業務の遂行

センターの活動が最大限に活かされるように、計画、実行、点検、改善を重視して能率的に業務を遂行して更なるコスト削減をおこないます。

職場のチームワークの向上

個人間、事業部門間、センター組織内のチームワークの連携を図り最大の成果を挙げられるように行動していきます。

コンプライアンスの完遂

業務を遂行する上で法令や社会的規範、センターの定款等の遵守を徹底しコンプライアンスを完遂していきます。
また、反社会的勢力や社会的秩序には厳然と対応します。

センターの情報開示

センター業務の情報(業務運営、事業内容、組織など)をHPや、その他の媒体を通して厳正に開示していきます。
また、個人情報の守秘義務を守り適正に管理していきます。

省エネルギーセンターの主な取り組み

オフィス風景

省エネルギーセンターでは、様々な取り組みをおこなっています。

中小企業向けの無料サービス

省エネルギーセンターは、中小企業などの節電や省エネをサポートするため、下記の無料サービスを提供しています。

対象 診断対象 提案内容
省エネ診断 年間エネルギー使用量が100kL以上1500kL未満の
工場やビル、中小企業など。
エネルギー全般の改善 年間削減量や投資回収年の計算
節電診断 契約電力50kW以上の高圧と
特別高圧電力契約者のビルや工場など
電力だけ 具体的な節電対策案や運用改善
節電率やピーク節電量の計算
講師派遣 協会、協議会、民間の業界団体、
地方自治体、公的組織が無料でおこなう
省エネと節電説明会
省エネ、節電診断の紹介
省エネ事例の紹介
省エネ、節電の仕方
エネルギー消費の現状

他にもビルや工場の省エネをアドバイスするために下記の活動をおこなっています。

活動内容
工場などのエネルギー調査
ビルの省エネの技術サポート
省エネの見える化ツールの相談

省エネ大賞

省エネ大賞は、1990年から始まりました。
この賞の意図は、受賞した商品が社会で幅広く使われることで社会的に温室効果ガスや二酸化炭素の排出量の削減を目的としています。

資材、エネルギー利用システム、機器の部品、民生用の機器などで優れた省エネルギー性のある製品に送られる大賞です。

応募後、審査を経て受賞した機器は省エネ大賞受賞マークを付与され付けることができます。

ENEX

ENEXは毎年、東京ビッグサイトで開催されています。
電力、ガス、省エネ、エネルギー管理に関する製品や技術などが展示されており、2030年までの「5,030万kl省エネ目標達成」に向けて様々な部門の省エネを推進しています。

省エネの人材育成

コンサルティング、ティーチング、カウンセリング、コーチングの4つのジャンルから省エネを学び、省エネの人材を育成します。

また、認定資格があり目的と用途により3つの資格に分かれています。

エネルギー診断プロフェッショナル資格
エネルギー管理士と同等以上の知識と経験を有する人が対象です。
資格取得後は、産業分野の総合的なエネルギー管理の指導と改善ができるようになります。

家庭省エネエキスパート資格
家庭の省エネエキスパート検定と合格者が対象です。
資格取得後は、企業活動や地域で家庭に省エネを推進できるようなります。

ビルの省エネエキスパート
ビル関係者が業務用ビル分野のエネルギー消費について理解を深め管理や実践活動に結びつくように学びます。

国際協力ビジネス支援

海外進出予定か展開中の企業の省エネ支援をしています。

活動内容
海外の事業展開の企画に有益な情報提供
海外企業での省エネ人材の育成と社内教育
海外企業での省エネの進め方の相談

エネルギー管理士試験

エネルギー管理士資格の取得方法は、2つの方法があります。

国家試験
一般財団法人省エネルギーセンターが毎年8月に実施する試験に合格する。
試験はマークシート方式で、実務経験1年以上の方が対象です。

研修認定
毎年12月に実施される研修を受講し修了する。
受講資格は、実務経験3年以上の方が対象です。

製造業、電気供給業、鉱業、ガス供給業、熱供給業の業種は規定量以上のエネルギーを使用する場合は、エネルギー管理士が必要になります。
エネルギー管理者は、エネルギー使用の合理化と改善、設備維持、監視、管理などをおこないます。

省エネルギーセンターで省エネをしたら更に電力プランを見直してみませんか!

一般家庭と違い会社ですと利用する電力量も多くなります。電力自由化がスタートして安い電気プランも登場しています。この機会に電力プランの見積もりをしてみませんか。

スイッチビズでは、最大5社の見積もりが無料で提供されます。料金が安くなることから、94%の施設で電力プランの切り替えがされていますよ!

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1)電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4)顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5)当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6)省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    a.当社は第1項の利用目的のため、当社との契約の基、広告掲載を行っている企業に取得した個人情報をメール等にて提供いたします。
    b.当社は取得した個人情報を、本項a及び以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1)ご本人の同意がある場合
    (2)法令などで認められた場合
    (3)人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第1項に定める利用目的の範囲内で、委託を行うことがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第2noteビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子