graph2

日本の電力供給事情は近年非常に複雑化していますが、それと同時に昔ほどは電力を無駄に使うべきではないという概念が定着しつつあります。つまり、電力も限りある資源によって作られる事情をしっかりと考慮する時代となっていることで、電力をいかに効率的に使用すべきかを重要視することが求められているのです。

このような日本社会におけるエコなニーズを受けて、電力会社も様々な供給プランを設定していると言えるでしょう。その中で非常に注目されているのが、デマンド契約と呼ばれる電力契約方式です。

今回は、このデマンド契約による電力供給が現在どのように機能しているかを含めて、そのメリットとデメリットについても検証していくことにしましょう。

デマンド契約の基礎知識

“付箋と人”

デマンド契約は、あらかじめ算定された1年間の電力量について、どのくらい高い需要が多かったのかを分析して次の年の基本契約料金に反映する方法です。なぜこのような契約が存在しているのかというと、電気料金を日常の使用段階から節減するために他ならないでしょう。

通常のデマンド契約での電力提供になりますと単に料金体系でのエコ管理だけでなく、電力がどのように使われているのかを24時間監視するシステムを導入することがほとんどになります。

デマンドとは何を指す言葉?

しかし、デマンド契約における【デマンド】という言葉が一体何を指すのかは非常に興味深いところです。実はこのデマンドは、システムが管理する30分ごとの使用電力を指しています。

この30分ごとのデマンドは電力会社の方で管理はされていますが、デマンド契約を結ぶことで監視機器を導入して消費者側でもそれを管理できるようになるでしょう。この30分ごとの平均電力量の記録は、毎月集計されてその月の最大となる電力量を割り出すのです。

そして、これが1年間繰り返されることにより、その年の最大使用電力量がどの程度になるかが自ずと把握できることになります。よって、このデマンドが低くなるように日常管理することが電気料金を抑えることに繋がっていくでしょう。

約50kW未満契約に提供されることが多い

このデマンド契約は実のところ、電力会社におけるすべての契約プランに導入できるとは限りません。一般的に、50kWの比較的低い電力契約の場合にデマンドを提供しているところが多くなります。

それでも、なぜこのように高圧でも比較的低い電力契約に適用されることが多いのか気になるところですが、それは多くの契約者がもともと電力消費に対して費用を掛けたくないからです。

電力契約が50kWを超えますと固定費がかさむことがほとんどなので、経営者としては当然できるだけ低い電力使用量で一年を乗り切りたいという思いがあることでしょう。その中で、この過去1年間で最大電力量を抑えさえすれば次の年の契約電力が高くならないという方式は、高圧でも低い電力を求める事業所にとっては効率よくコスト管理が可能となります。

デマンド契約を進める企業体タイプ

“パソコン”

さて、電力のデマンド契約を結ぶ際に考えるのが、一体どのような企業などが導入するのに相応しい契約方式かという点になるでしょう。

先述のように多くの電力会社が、50kW未満契約に限って導入していることもあって、基本的に大規模な企業にはマッチしない方式であるのは容易に想像がつくのです。ここでは具体的に企業の向き不向きをチェックしてみます。

成長中のメーカーなどでは管理が難しい

まず、企業の中でも使用電力が年々大きくなるメーカーなどは、製造に使用する設備も絶えず増設などを繰り返す傾向にあるでしょう。そのため、使用電力について上限を定めていたとしても、多くのメーカーの経営方針が計画性を持って製造することが少なくなっているので使用電力も安定することはありません。

これによって、ある一定の時期に製造が集中してしまえば、デマンドの最大値が常に更新される結果に陥ることも多くなります。デマンド契約は、常に電力量を抑えることを前提に運営を進めることが推奨されるため、一般的に一気に使用電力が上がってしまう成長中のメーカーには適さないでしょう。

それでも、省エネが効率的に実践できる製造機器を使用しているメーカーになると、運用上において独自の工夫を進めるとデマンド管理が成功するチャンスも増えるのです。

デマンド契約後に感じられる基本的なメリット

“電卓”

デマンド契約で電力供給を進めることについて導入した多くの企業が経営上におけるメリットを感じることも多いのですが、具体的にどのような方面にてそれを実感しているのかは当事者以外には分かりにくいでしょう。

ここでは、デマンド契約開始後に企業内で実際に感じられ、スタッフ間でも非常に評価の高いメリットをご紹介します。

スタッフにおけるコスト意識が高くなる

デマンド契約で使用電力量のデマンド管理が可能になると監視機器が企業内に配置されることで、そこで働くスタッフの多くが普段から使用する電気に対する管理意識が強くなります。

電気への意識の強まりは日常的な企業内でのコスト管理に他ならず、それが普段の生産活動や業務の進め方においても改善や効率化をスタッフが自発的に進める効果をもたらしてくれるでしょう。

生産拠点になりますと製造業務では多くのスタッフがコスト管理に気を配っているものの、オフィスや一般業務における間接費に関しては意外に無視されていることも少なくありません。これにより、それまで何があっても改善できなかったコスト意識がいとも簡単に高められるようになるのです。

電気がどこに使われているかオンタイムに把握

また、デマンド監視機器導入の大きなメリットは、その時点における電力消費をオンタイムに把握できることにあります。これは誰が見ても客観的に理解できるので、経営者や一般スタッフに関わらず、問題がどこにあるのかを提起することが可能になるでしょう。

短期的には使用電力の改善に至ることは少ないのですが、一年を通して運用することで節減すべき箇所について継続的な改善が可能となり、結果的に年間での節減がスムーズに達成しやすくなるメリットもあります。

デマンド契約すると意外なデメリットが存在する

“女性と”

しかし、メリットの多いデマンド契約での電力供給も決してパーフェクトな存在ではなく、各導入体における運用手法によってはデメリットが生じることもあり得ます。

デマンド契約は、電力供給を受けている企業が電気料金をコントロールしやすいようにサポートする契約方式ですので、この意義は企業の会社運営と一致していない場合はその効果が期待できません。

ここでは、企業内におけるデマンド契約がもたらす代表的なデメリットを確認していきましょう。

著しいサービス性向上は次の年の電気料金が急に上がる

企業の発展は市場ニーズとのタイミングもあって、本来企業が思い描いている計画とは裏腹によりスピーディに発展を遂げる場合もあり得ます。特にそれまであまり注目もされなかったサービスが一気に爆発することもあり、経営者としては収益性を考慮すれば増産を決断するのが一般的な流れです。

しかし、このように著しくサービス性を同一年で高めた結果、デマンド契約による電力需給をしている企業になりますとデマンド値がより高まることは避けられません。これでは、次の年の電気料金も急激に上がってしまいます。

よって、常にフレキシブルなサービス供給体制を模索したいメーカーの場合は、デメリットになりかねずデマンド契約で運営すること自体に無理があるといえるかもしれません。

行き過ぎたコスト管理が労働モチベーションを下げる

このデマンド契約での電力消費における最も隠れたデメリットと言えば、コスト管理が徹底されすぎてスタッフの労働に対するモチベーションが大幅に失われることです。

物事は無駄が少しでもないと、長期的に進めづらくなるのはどなたでも理解できることでしょう。それは、企業管理にも同様に当てはめられ、節電できる部分がすでに見つからないほど改善されてしまった場合、この分を人件費や福利厚生など上手に回していかなければ、会社全体での士気の低下にも繋がるでしょう。

このようなケースについて1〜2年目は有効に働きますが、改善すればするほど、更に改善する事は難しくなるでしょう。このため、経営者は人材とのバランスを常に意識しなければなりません。

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1)電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4)顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5)当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6)省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    a.当社は第1項の利用目的のため、当社との契約の基、広告掲載を行っている企業に取得した個人情報をメール等にて提供いたします。
    b.当社は取得した個人情報を、本項a及び以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1)ご本人の同意がある場合
    (2)法令などで認められた場合
    (3)人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第1項に定める利用目的の範囲内で、委託を行うことがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第2noteビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子