送電線

企業や法人が経営する施設は、電気使用量が増大する傾向にあります。大型ビルやマンション、スーパーマーケット、病院、複合施設など、毎日のように大量の電気を必要とする設備は、電気の契約が一般家庭の契約の低圧とは異なる高圧電力契約になります。

高圧電力は電力量料金や基本料金がプランごとに分かれており、さらに契約電力や当該施設における電気の使用率で料金設定が変わるケースがあります。電力コストを下げるためにも契約する電気料金プランを理解しておきたいところですが、難しい部分もありますよね。

高圧電気料金の仕組みと安くする方法

ここでは、各大手電力会社が法人向けに提供する【季節により料金設定が変動するプラン】と、【夜間料金設定があるプラン】を比較してみます。なお、本記事に記載している料金・単価は事務所ビルや商業施設などで利用される標準的な高圧向け電気料金プランです。 ※2017年7月時点

東北電力の高圧プラン

夏の料金が変わるプラン(標準業務用電力)

基本料金(1kWあたり)1,630.8円
電力量料金(1kWhあたり)夏季:16.51円 その他季:15.34円

夜間料金が使えるプラン(業務用季節別時間帯別電力)

基本料金(kWあたり)1,630.80円
電力量料金(1kWhあたり)単価
ピーク時間20.36円
夏季昼間18.85円
その他季昼間17.81円
夜間11.12円

500kW未満で契約をしている場合、1月と11月の最大需要電力の大きい値が契約電力の値になります。500kW以上で契約をしている場合は、電力会社との協議で決まります。

東北電力の高圧向け電気料金プランをもっと見る

東京電力の高圧プラン

夏の料金が変わるプラン(業務用電力契約電力)

基本料金(1kWあたり)1,630.80円
電力量料金(1kWhあたり)夏季:17.22円:その他季:16.08円

夜間料金が使えるプラン(業務用季節別時間帯別電力)

基本料金(kWあたり)1,684.80円
電力量料金(1kWhあたり)単価
ピーク時間20.15円
夏季昼間19.45円
その他季昼間18.05円
夜間12.54円

東京電力の高圧向け電気料金プランをもっと見る

関西電力の高圧プラン

夏の料金が変わるプラン(高圧電力AS)

基本料金(1kWあたり)1733.40円
電力量料金(1kWhあたり)夏季:17.22円 その他季:16.17円

夜間料金が使えるプラン(高圧電力AS-TOU)

基本料金(kWあたり)1733.40円
電力量料金(1kWhあたり)単価
ピーク時間22.58円
昼間時間17.36円
夜間時間13.08円

関西電力の高圧向け電気料金プランをもっと見る

関西電力 高圧電力AS・BSプランの特徴と違い

中部電力の高圧プラン

夏季とその他季プラン(高圧業務用電力FR)

プランAプランBプランC
基本料金(1kWあたり)1614.86円1809.26円1895.66円
電力量料金(1kWhあたり)夏季:16.94円
その他季:15.87円
夏季:15.84円
その他季:14.86円
夏季:15.63円
その他季:14.68円

※電気の利用率が低い施設はプランA、電気の利用率が比較的高い施設はプランB、電気の利用率が高い施設はプランCを選択してください。

夜間料金があるプラン(高圧業務用電力TOU)

タイムプラン1タイムプラン2
基本料金(1kWあたり)1614.86円1895.66円
電力量料金(1kWhあたり)単価単価
ピーク時間20.25円17.97円
昼間時間17.21円15.38円
夜間時間13.41円13.41円

中部電力の高圧向け電気料金プランをもっと見る

中国電力の高圧プラン

夏季とその他季プラン(業務用電力)

基本料金(1kWあたり)1701円
電力量料金(1kWhあたり)夏季:14.07円 その他季:12.86円

夜間料金があるプラン(高圧TOU)

基本料金(1kWあたり)1701円
電力量料金(1kWhあたり)単価
ピーク時間18.70円
夏季昼間時間15.54円
その他季昼間時間14.73円
夜間時間9.68円

北陸電力の高圧プラン

夏の料金が変わるプラン(業務用電力)

基本料金(1kWあたり)1555.20円
電力量料金(1kWhあたり)夏季:11.55円 その他季:10.56円

夜間料金が使えるプラン(業務用季節別時間帯別電力)

基本料金(1kWあたり)1555.20円
電力量料金(1kWhあたり)単価
ピーク時間14.21円
夏季昼間時間13.55円
その他季昼間時間12.29円
夜間時間7.7円

北陸電力の高圧向け電気料金プランをもっと見る

四国電力の高圧プラン

夏の料金が変わるプラン(業務用電力)

基本料金(1kWあたり)1,518.17円
電力量料金(1kWhあたり)夏季:15.06円 その他季:13.89円

夜間料金が使えるプラン(業務用季節別時間帯別電力)

基本料金(1kWあたり)1,518.17円
電力量料金(1kWhあたり)単価
ピーク時間23.16円
夏季昼間時間21.24円
その他季昼間時間20.20円
夜間時間10.82円

基本料金が安い電力会社はどの電力会社?

比較するビジネスマン

夏季とその他季プラン7社の基本料金

東北電力1,630.80円
東京電力1,684.80円
関西電力1733.40円
中部電力1614.86円(プランA)
1809.26円(プランB)
1895.66円(プランC)
中国電力1701.00円
北陸電力1555.20円
四国電力1,518.17円

中部電力の基本料金は、設備の電力利用率によってプラン別に分けられています。利用率で基本料金が振り分けられているため、無駄がなく、利用しやすいイメージです。

東北電力も比較的に基本料金が安く設定されています。

夜間料金があるプラン7社の基本料金

東北電力1,630円
東京電力1,684.8円
中部電力1614.86円(プランA)
1809.26円(プランB)
1895.66円(プランC)
関西電力1733.4円
中国電力1701円
北陸電力1555.2円
四国電力1,518.17円

7社の基本料金を比較すると安さでは1位が四国電力、2位が東北電力、3位が東京電力、4位が中国電力、5位が北陸電力、6位に中部電力と続き、7位は関西電力でした。

電力量料金の単価が安い電力会社は?

電気を使った分だけ発生する電力量料金の単価を比較すると、どの電力会社が最も安いでしょうか? 比較してみましょう。

夏季とその他季プラン7社の電力量料金

夏季その他季
東北電力16.51円15.34円
東京電力17.22円16.08円
関西電力17.22円16.17円
中部電力16.94円(プランA)
15.84円(プランB)
15.63円(プランC)
15.87円(プランA)
14.86円(プランB)
14.68円(プランC)
中国電力14.07円12.86円
北陸電力11.55円10.56円
四国電力15.06円13.89円

夏季料金とその他季は一番安いのが北陸電力、次に中国電力、四国電力、東北電力、中部電力、東京電力、関西電力の順でした。

夜間料金があるプラン7社の電力量料金

ピーク時間夏季昼間時間その他季昼間時間夜間時間
東北電力20.36円18.85円17.81円11.12円
東京電力20.15円19.45円18.05円12.54円
関西電力22.58円17.36円17.36円13.08円
中部電力20.25円(タイムプラン1)
17.97円(タイムプラン2)
17.21円(タイムプラン1)
15.38円(タイムプラン2)
17.21円(タイムプラン1)
15.38円(タイムプラン2)
13.41円(タイムプラン1)
13.41円(タイムプラン2)
中国電力18.7円15.54円14.73円9.68円
北陸電力14.21円13.55円12.29円7.7円
四国電力23.16円21.24円20.2円10.82円

ピーク時間、昼間(夏季)、その他季、夜間時間の全てで一番安いのが北陸電力でした。二番目は、中国電力です。

こうして各社の料金を比較すると、夏季とその他季プランの基本料金は四国電力が最も安いのに対し夜間料金は一番高い結果でした。北陸電力も基本料金は夏季とその他季プランは、次に安いのに対し夜間料金は2番目に高い結果でした。

電力会社によって電気料金には明確な差がある

電気料金の価格差は電力会社間ではっきりとした差が出ており、季節や時間に合わせたプランにしなければ基本料金で損をしてしまいます。電気料金プランに加入する前に、そして設備の状況の変化に合わせてどのプランが適しているのか見極めなければ、経費の節約は叶いませんので注意が必要です。

季節別や時間別の電力量料金の単価を見ると昼間は比較的北陸電力、中国電力、中部電力が安値ですが、夜間料金が高い結果です。夜間に電力を多く使用する場合は、夜間料金が安いプランを選ぶと経費節約につながります。

新電力の高圧電力料金は公表化されていないケースが多いですが、設備の状況によって適用されるプランは様々です。まずは施設を実際に見てもらって電気料金をシミュレーションし、電力会社がどれだけの費用を削減できるかを参考にしながら、条件が見合えば契約に進みます。

その際は、これらの情報を元に地域の電力会社の価格と比較してどちらの条件が見合うのか検討をしましょう。少しの単価量の違いでも大量の電力量を必要とする法人の電気代は、差額が大きく生じる場合があります。つまり、電気料金を削減するなら基本料金の安いプランに切り替えるのが得策でしょう。

最も手間をかけずに最良のプランを選ぶには

電力会社は複数の電気料金プランを用意しており、それぞれの施設に対して適切なものを選択したり、時には複数を組み合わせてムダのないプランを組むケースもあります。つまり、私たちが自力で施設を調査し、電力の使用状況に合う電気料金プランを調査するのは多大な手間であり、コストです。

そこで、スイッチビズは、利用料金無料で最大5社の電力会社より一括で見積もりを取得するサービスを提供いたします。使い方は、下記のフォームに必要事項を記入するだけ。見積もりだけでなく電力会社の切り替えも無料で代行いたします。中には、高圧の電気代を最大で21%削減できるケースも。

特に今回は大手電力の電気料金プランを紹介してまいりましたが、法人向けに高圧電力を提供する新電力も多く登場しています。全国の官公庁や自治体を含む、約150,000施設以上が既に法人向け新電力に切り替えを済ませており、電力コストの差は水面下で着々と広がりつつあります。

施設の状況を加味しつつ、ムダのない電気料金プランを選ぶなら、複数の電力会社の見積もりを比較するのが最良の方法です。

最も安い電気料金プランを見つける無料相見積もりはこちら

電気料金の削減額は、施設により異なります。実際に電気料金を比較してみてください。どれだけ安くなるか実感できますよ。