オフィスの消耗品

オフィスの消耗品コストを削減する方法とは?

オフィスの消耗品コストを削減する方法には、効果がわかりやすいものに、次の方法があります。

1.コピー用紙の裏紙を使う

2.プリンターのトナーを「リサイクル品」に変える

3.ボールペンは替え芯を利用する

4.緊急時には「100円ショップ」で間に合わせの消耗品を購入する

5.安い消耗品の購入先を知っておく

6.ペーパーレスに努める

今回は、このコスト削減方法を順番にご紹介していきますね。

(1)コピー用紙の裏紙を使う

コピー用紙

オフィス用のA4コピー用紙は1枚あたり、安くて0.7円程度が一般的です。

この紙を1ヶ月あたり5,000枚使用したとすると、1ヶ月のコピー用紙代は、

0.7円/枚×5,000枚=3,500円となります。

コピー用紙の裏紙を使う、もしくはページを集約(4ページ分を1ページに印刷する)という方法を使えば、コストダウンにつながります。

コピー用紙の裏紙を使った場合 0.7円/枚÷2×5,000枚=1,750円
4ページを1ページに集約した場合 0.7円/枚÷4×5,000枚=875円
4ページを1ページに集約し、

さらに裏紙を使った場合

0.7円/枚÷4÷2×5,000枚=437.5円

これらを総合すると、工夫次第ではコピー用紙代を最大で87.5%も削減できるということになります。

金額でいうと、月に3,000円ですね。

裏紙を使うだけでも、月に1,750円のコストダウンができると考えると、1年で20,000円以上も経費を削減できますので、長い目で見れば大きな金額です。

⇒オフィスコピー印刷費用コスト削減術6選!!

(2)プリンターのトナーを「リサイクル品」に変える

プリンターのトナーは、純正のものを使用すると、定価1本あたり40,000円を超える値段のものも少なくありません。

一方、リサイクル式のトナーは、1本12,000円程度で購入できます。

プリンターの保証期間中に純正以外のトナーを使って故障すると、修理費用が有料になりますが、保証が切れている場合には純正のトナーを使っても、故障の場合は有償です。

このことより、保証期間が過ぎた場合には、プリンターのトナーを純正品からリサイクル品へと変えることがコストダウンになります。

例えば、純正品を1年間に10本購入する場合には、トナーの代金は1年で

40,000円/本×10本=400,000円になります。

これをリサイクル品(1本12,000円想定)に置き換えた場合、1年間のトナー代金は、

12,000円/本×10本=120,000円となりますので、

リサイクルトナーに変えると、1年間で400,000円−120,000円=280,000円ものコストダウンが可能です。

(3)ボールペンは替え芯を利用する

ビジネスデスク

ボールペンは、会社の備品を使っていると、ついついインクが無くなると新品にすぐ交換してしまいますが、替え芯を利用すればコストを安く抑えられます。

ボールペンは新品1本80円程度ですが、替え芯だけだと40円程度です。

例えば、1年間に1人6本のボールペンを使用し、従業員数は200人の場合には、新しいボールペンに次々交換していくと、1年間のコストは以下の通りです。

80円/本×6本/人×200人=96,000円

ここで、替え芯を使う場合、もとのボールペンはあるとして計算すると、1年間のコストは、

40円/本×6本/人×200人=48,000円

ですので、1年間のコストが96,000円−48,000円=48,000円

安くなります。

想像していたよりも大きな金額の削減になっているのではないでしょうか。

ここではボールペンを例に挙げて説明いたしましたが、修正テープなども同様です。

(4)緊急時には「100円ショップ」で間に合わせの消耗品を購入する

修正テープなど、緊急時に必要になると割高でも急いでいるとコンビニなどで購入してしまいがちですが、100円ショップは店舗数も多いため、緊急時には最寄りの100円ショップで購入するのがおすすめです。

例えば、箋はコンビニで購入すると200円くらいするものですが、100円ショップでは1つ108円ですので、200円-108円=92円のコストダウンになります。

備品を緊急で10個買うと920円も浮くことになりますので、何度も緊急で購入する機会があるのであれば、使わない手はありません。

(5)安い消耗品の購入先を知っておく

貯金箱とパソコン

消耗品はネットでの大量購入ができる事務用品専門の業者に頼んでいるオフィスが多いと思いますが、必ずしもそういったサイトからの購入がいいということはありません。

例えば、ボールペンなどは1本あたり40円程度で購入できますが、100円ショップでは10本入りが売っています。

そうなると、100円ショップは1本10.8円ですので、1本あたり約30円のコストダウンができますね。

実は100円ショップの方が安いということを知らなくては、すべてまとめ買いの事務用品購入サイトのほうが安いと考えて無駄なお金を使うことになります。

本気でコストダウンしたいのであれば、どの事務用品がどの購入先がベストかを知っておく必要があります。

⇒誰でも簡単にできるオフィスの文房具コスト削減方法

(6)ペーパーレスに努める

ペーパーレス化を成功させれば、コピー用紙の費用以外にも、カウンター代、もしくはトナー代を安くすることができます。

例えば、カラーコピーではカウンター代に1枚あたり35円ほど必要で、さらに紙代がかかってきますので、月に2000枚のカラーコピーをすると、

(35円/枚+0.7円/枚)×2000枚=71,400円の費用が発生します。

社内では、カラーだけではなくもちろんモノクロコピーも行いますので、実際には100,000円以上の費用がかかると言えますね。

それがまるまる安くなるので、1年間に換算すると、

100,000円/月×12ヶ月=1,200,000円 もの大幅なコストダウン可能です。

消耗品をコストダウンする際の注意点

ビジネスイメージコストカット

消耗品をコストダウンする際、注意したいことがいくつかあります。

このことを守らずにただ目の前の金額だけにこだわってコストダウンした場合、かえって費用がかさむという結果になりかねませんので、参考にしてください。

商品は、コスト面だけではなく中身もチェックする

コストダウンには、わかりやすく「金額が安い」というのはもちろんポイントになりますが、いくら値段が安くても、品質が悪く、買い直しが必要となればかえって高くついてしまいます。

また、コピー用紙で粗悪品を購入し、実際に使ってみたらコピー機で紙詰まりを起こしてしまい修理に費用がかかったとなると、もはやコストダウンの意味は皆無です。

コストパフォーマンスに優れている製品を買うときは、実際にその商品が使えるレベルのものか吟味して購入しましょう。

不要なものまで買わない

まとめ買いすると、スケールメリットで1つあたりの製品は安く手に入りますが、使用頻度が低いものをまとめ買いすると、倉庫にずっとおきっぱなしのまま、いざという時には劣化して使えなかったということになりかねません。

まとめ買いの際には、きちんと品質を保ったまま、使い切れる量を見極めて発注することが必要です。

オフィスのメンバー一人一人の節約意識を大切に

今回は、オフィスでの消耗品コストを削減する方法をご紹介しましたが、実際にコストダウンするときに大切になるのが「メンバーの意識」です。

いくら良いルールを作っても、そのルールに従わずに高価な消耗品を頻繁に買う人がいては、コストがかさんでしまいます。

コストダウンのためのルール作りを行ったときは、オフィスのメンバーに、なぜコストダウンが必要なのか、コストダウンでどれくらい効果が見込めるかを理解してもらい、オフィス全体で協力して進めていきましょうね。

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1)電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4)顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5)当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6)省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    a.当社は第1項の利用目的のため、当社との契約の基、広告掲載を行っている企業に取得した個人情報をメール等にて提供いたします。
    b.当社は取得した個人情報を、本項a及び以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1)ご本人の同意がある場合
    (2)法令などで認められた場合
    (3)人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第1項に定める利用目的の範囲内で、委託を行うことがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第二長岡ビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子