オフィスで働く女性

節電に取り組んでいるものの、今一つ期待する節電効果を挙げられない企業も多いでしょう。それは、節電の妨げとなっている「見えない要因」に気づいていないからかもしれません。

大きく分けると、業務時のエアコン・会議室や倉庫の使用・休憩や外出時・節電の意識付けといった4つの要因があります。それぞれの問題点や改善方法について詳しく説明します。

1.オフィス業務時のエアコン使用に潜む!節電を妨げる要因

業務用エアコンの室外機

節電をするにあたり、最初に目につきやすいのが業務中のエアコンの使用です。しかし、意外と節電の妨げになる要因については気付きにくいのです。ここでは、エアコンの節電に悪影響を及ぼす要因と改善方法についてチェックしましょう。

エアコン内の汚れやホコリはオフィスの節電にとって最大の敵!

オフィスにあるエアコンの最大の改善点は、排気口のホコリだけではないケースもあります。全館システムの場合、張り巡らされている配管内にも汚れやホコリが溜ります。同じ電力消費でも効率が徐々に下がっていくでしょう。

エアコンの配管が汚れた状態が悪化すると、特に夏場などは設定温度28℃程度では暑く、不快感を感じるようになります。本格的な夏が到来する前に、ぜひ配管のクリーニングを進めてください。

⇒業務用エアコンの電気代をお得にする4つの方法

デスクの位置が体感温度に大きく影響する

オフィスのエアコンに関してもう1つ重要な改善点があります。それは、エアコンの排気口に合わせたスタッフデスクの配置です。

オフィスのエアコンでよく問題になるのは、特定のスタッフの頭上に排気口が位置してしまうことです。

排気口の下にあるデスクに座っているスタッフの体には寒すぎる、もしくは暑すぎるほどのエアコン風が吹きかかりますので、このスタッフの本心ではエアコンを消してしまいたい気持ちに駆られます。

⇒空調コントールで電気代を削減する4つの方法

よって、エアコン使用時の体感温度がスタッフにより大きく違ってしまっています。これを解消するには、エアコンの排気口を基準にしたデスク配置が必要です。

2.会議室と倉庫にもある!オフィスの節電を妨げる見えない要因

会議室でミーティングをする人たち

オフィスの節電を妨げる要因は、会議室や倉庫などにも存在しています。普段から頻繁に出入りする訳ではないスペースなので、改善点を見逃していることが多いです。これらの場所を少し改善することで、節電効果アップに大きく役立ってくれます。

会議室の使用はなるべく午前中に行って節電効果アップ!

日本のオフィスにある会議室は、一般的に窓側に位置していることが多いです。そのため、猛暑日が多くなった日本の夏場では、室温が高くなりやすい部屋です。

通常、日本の気候は午前中のほうが気温が上がりにくいです。可能な限り会議そのものを午前中に設定し、エアコンの温度を低めに設定しましょう

しかし、会議も午前中ばかりにタイミングよくある訳ではないでしょう。高圧電力の電気料金プランは、夏季の電力需要ピーク時間には電気料金が高く設定されていることがあります。その時間帯を避けることで電力量単価は安くなりますが、気温自体は高いので午前中ほど節電効果は上がりません。

夏季のピーク時間が設定されている場合、一般的に午後1時〜4時の間は電気料金が高く設定されていることが多いです。ただし電気料金プランにより違いがありますので、一度お使いのプランを確認してみるといいでしょう。

⇒「高圧電力契約プラン」大手電力会社7社を徹底比較!!

整理されていない倉庫は室温が急上昇する原因に

倉庫は、オフィスの気温上昇に間接的に影響しています。オフィスの倉庫には製品倉庫もあれば、過去の書類を貯めておく事務用の倉庫もあります。

このうち問題になるのは、書類を長期保管している事務用の倉庫です。書類に関わらず、長期間ものを放置しておくとホコリが溜まっていくのはどうしても避けられません。ホコリは溜まっていくと熱を持ちやすくなり、結果的にそのスペースの温度を高めてしまいます。

開放されることの少ない倉庫は、夏場も長期的に熱を帯び続け、オフィス全体の熱を増やしていくでしょう。このため、日常的な倉庫の整理は節電のために非常に効果的です。

3.休憩や外出時にも節電の妨げになる要因が!

自販機のボタンを押す男性

無駄な電力消費も数多く存在するオフィスですが、それはオフィス内で業務をしている際に発生するとは決して限りません。オフィスでの業務中ではなくても無駄は常に発生しています。休憩中や出先などへの外出時にも、節電を阻害する要因があります。

オフィス併設の自動販売機が無駄な電力消費の原因に

オフィスに併設されていることも多い自動販売機。平均的な使用頻度は、1人につき1日に1〜2回であることが多いでしょう。つまり、1日のほとんどは待機時間となり、この間も常に電力を消費し続けているのです。

自動販売機で飲み物を購入した時、冷たすぎる、もしくは熱すぎると感じることがあります。これは、購入頻度の少ない販売機であると同時に、業者による温度設定が非常に低く、もしくは高くなっていることが原因の場合が多いです。

業者に設定温度を適温に調整してもらうことが非常に大切です。場合によっては、冷却や加熱をしない時間帯を数時間持った方がいいケースもあります。

業務用パソコンの電源は外出時に必ずオフにする!

従業員によっては顧客のもとに長時間外出するケースも多く、大部分の時間をオフィス外で過ごすこともあります。

しかし、夕方前には帰社するという認識の下に、オフィスで使用するパソコン(主にデスクトップ)の電源を入れっぱなしにしていることもあります。担当者ごとに顧客からメールを受け取ることも多く、パソコンに電源を入れていないとメールが受け取れないという状況もあるからでしょう。

業務の情報はチームで共有するというコンセプトが定着している現在では、メール設定ですべてのスタッフで共有ができます。そうすれば、情報の受け取り漏れも発生しませんので、外出の際には必ずパソコンの電源をオフにして節電効果をアップさせることが可能です。

4.節電で本当に大切なのは電力消費や室内環境を意識すること

オフィス高層ビルと青空

節電を妨げる最大の見えない要因は何なのでしょうか。それは、「日常的な電力消費や室内環境に関心がないこと」です。

つまり、普段から節電を意識できるようなヒントになり得るものが、一切オフィスに存在していないことを意味します。ここでは、節電そのものを見えやすくするための方法をご紹介します。

オフィスの目立つ場所に電力消費の監視装置を設置する

節電に対する最大の意識付けとも言えるのが、オフィスの中に電力消費を常に監視できるモニターを設置することです。

例えばダイエットの場合、自分の体重などが毎日目立つところで監視できるとすればどうでしょうか?ほとんどの方は多くを語らずとも関心が高くなり、日常生活を見直すことでより減量目標が達成されやすくなります。

節電において目標値が設定されているのであれば全く同じことで、自然な業務改善を促すことに繋がります。監視装置の設置による相乗効果はかなり大きいことが期待できます。

照度や二酸化炭素濃度を把握できるツールを上手に活用

オフィスの室内環境に関しては、スタッフの大部分は天気や室温などにしか関心が無いことも多いです。自身のオフィスがどのような環境なのかを数値化してみる習慣はほとんどないでしょう。オフィス環境の数値化には、照度計や二酸化炭素濃度計の設置が効果的です。

オフィスの明るさを数値で把握すれば、明るすぎる照明による電力の無駄を抑えることができます。また、エアコン使用による室内の二酸化炭素濃度の高さを知ることで、エアコンの停止を促すことも可能です。

このような数値は体感だけでははっきり知ることができません。照度計や二酸化炭素濃度計によって、初めてしっかりと認識することが出来ます。節電を健康的に進められるように、室内のコンディションを客観的に見れる環境を作りましょう。

節電を効率的に進めるには、こうした目には見えない気が付きにくい要因を改善していくことも非常に大切です。

オフィスの節電がしたいけど、なかなか目標が達成できていないという方は、ぜひ一度こちらの情報を参考に、節電の妨げになっている要因を改善してみてください。

オフィスの節電だけでなく電気料金プランも見直せば更に電気料金が削減できるかも

オフィスの節電には見えない改善ポイントが多くあり、これらを改善していくことでより効率的な節電が可能になります。また日頃の節電だけでなく、電気料金プラン自体の見直しによって電気代をさらに安くすることが出来るかもしれません。
高圧電気を使用中の全国50,000施設以上で電力会社を切り替え済みです。電力会社切り替えにより、一般的に最低でも数%、多い場合は10%以上も電気代を削減することも可能です。
本当にお得になるのか気になる方は、スイッチビズの無料一括見積もりをお試しください。簡単20秒の入力で、電力会社最大5社のお見積もりが出来ます!ぜひ一度お試しください!

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1)電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4)顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5)当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6)省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    a.当社は第1項の利用目的のため、当社との契約の基、広告掲載を行っている企業に取得した個人情報をメール等にて提供いたします。
    b.当社は取得した個人情報を、本項a及び以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1)ご本人の同意がある場合
    (2)法令などで認められた場合
    (3)人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第1項に定める利用目的の範囲内で、委託を行うことがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第2noteビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子