工場

メーカーにとって工場内の節電は永遠のテーマですが、工場の節電をスムーズに実行していく上で必ず押さえておきたいことが「共通節電項目」です。

ここで、多くの工場において共通して節電できる項目のことを「共通節電項目」として、例えば、受変電設備や照明、空調設備を挙げ、それらの節電方法を詳しく解説します。

共通節電項目は、工場の生産活動には直接的に関係する消費電力ではないことが多いため削減がしやすく、無駄な電力がかかっていることも多いのです。

工場内の共通節電項目を上手に管理する2つの基本

ここからは工場内の共通節電項目についての対策を進めるに当たって、節電効果を安定させるために重要な方向性を述べていきます。

スタッフの意思1つで消費電力に大きな違いが出ることもあります。流動的になりやすい共通項目の節電を管理する方法についてもチェックしましょう。

1.電力の使用時間帯と必要性をしっかり管理する

工場の共通項目がなかなか節電できない実情を見みてみると、ある一定の傾向が確認できます。それは、電力を消費する時間帯、そして消費ニーズを綿密に管理出来ていないということです。

電力の僅かな使用が積もり積もって、結果的に大きな電力消費となるが一般的です。そのため、「この電力消費は必要なのか」という判断もなしに使い続ける習慣があると、長期的な節電が難しくなってしまいます。

これは極めて基礎的なことですが、不特定多数の人材が集まる工場では、意外とこのような事態が起こりやすくなるのです。そのため、工場の規定内で適切に電力を使うことを明確に義務化する必要があります。

⇒空調をデマンド制御70%にしてあなたの会社も電気代大幅削減

2.スタッフが入れ替わっても長期的に節電を管理できる体制を構築

優秀なスタッフの管理によってスムーズに達成できていた節電が、人材が入れ替わってしまうことで効果が著しく低下するケースも多く見られます。

工場では、節電に深く関わる人材は班長クラスであることも多いです。製造部門の責任者として優秀な人材なのに、待遇の問題で引き止められない矛盾を抱える工場もあります。

そのため、責任者はどんな人材が班長クラスになってもスムーズに節電出来るように、共通節電項目に関する汎用性の高い管理マニュアルを揃えておく必要があります。

工場内の配電に欠かせない受変電設備を節電する2つの方法

変電設備

次に、共通節電項目の節電事情を具体的に見ていきます。まずは、工場への配電前に使用可能な電圧に変電する「受変電設備」の節電についてチェックします。

受変電設備は電力供給の根幹ですので、節電とは一見関係のないように見えるかもしれません。しかし、受変電設備の運用を確実に進めなければ無駄な電力が発生してしまうため、注意が必要です。

1.あらかじめ容量に余裕を持たせた受変電設備を導入する

受変電設備は、電力会社から供給される高圧電力を受け取るという大きな役目を持ちます。工場新規立ち上げ時などの導入時に注意すべき点は、将来性を慎重に見通して適切な設備を設置することです。

具体的には、工場の初期設計時に将来的な製造計画も考慮し、受変電容量にある程度余裕を持たせたタイプを設置することです。

工場によってはメーカーの方針で必要最低限の容量を持つ設備を導入するケースもあります。その結果、拡張があるたびに設備を増設しなければならなくなります。これでは、節電をしても頻繁に設備投資が発生し、経費節減自体が困難になってしまいます。

2.パワーエレクトロニクス装置を導入して節電効果を向上!

受変電設備の使用で電力負荷が意外と大きくなるのが、電源オン・オフの切り替えです。

一般的な照明や家電でも、電源のオン・オフを頻繁に繰り返すと電気代が無駄に掛かるという話は聞いたことがあるのではないでしょうか?これは受変電設備でも同じことが言えます。

受変電設備の場合、電圧もかなり高いため、電源のオン・オフで生じる電力の損失もかなり大きくなってしまいます。

しかし、電源のオン・オフをハイスピードで行うことができれば無駄な電力は少なくなります。電気の使用を効率化できる高性能なパワーエレクトロニクス装置を導入すれば、高い節電効果が望めます。

ランニングコストに大きく差が出る!照明器具に関する節電事情

照明器具

工場で長時間使い続けることが多い共通電力消費項目は、「照明器具」です。ここでは、工場にある照明器具の節電管理事情について解説します。

消費電力が低いLEDなどの照明器具を初期段階から導入

照明器具はランニングコストが大きいため、LEDに代表されるような消費電力の低いタイプを導入することが必要不可欠です。LEDはここ数年で低価格化がかなり進んできており、導入する際の敷居もかなり低くなっています。

照明器具は、「熱放射」により節電に悪影響を及ぼすことがあります。照明は使用時に空間に熱を放出するため、室温を上げてしまいます。これは工場内に熱を長期的に籠らせる要因の1つとなり、空調冷房の効率性も著しく低下させます。

そのため、工場設立の初期段階の時点で熱放出のほとんどないLEDなどの低エネルギー照明を導入しておけば、節電にも大きな相乗効果が見込めます。

⇒オフィスの照明をLEDにすると電気代が安くなる2つの理由

必要な分だけ照明を使用することで節電&品質の維持が可能

照明器具の長期的な節電をするために重要なポイントは、本当に必要な時に使用することです。そうすることで、同時に照明器具の品質を保つことも出来ます。

工場内で多すぎる照明器具を設置、使用することは、無駄な電力消費につながります

また、従来の蛍光灯はLEDよりも耐用年数が短く、交換頻度も高くなり交換費用も消費電力と同様にかさみます。

長期的な節電や経費削減を実現するには、蛍光灯からLEDへの切り替えを検討する必要があります。

節電における最大の弊害!空調設備の節電事情

空調設備

照明器具だけでなく、空調設備も電力消費が大きい部分です。ここでは、節電の管理者が悩むことも多い「空調設備」の節電事情を見てみましょう。

エアコン使用で工場の表面温度が高くなる悪循環に陥らないために

工場では、ヒートポンプタイプの空調を導入していることがほとんどです。ヒートポンプタイプの空調は、特に冷房機能を使用する際に凄まじい量の放熱を伴います。ただでさえ暑い外気は、空調からの放熱によってさらに暑くなります。

このことは工場の表面温度上昇にも繋がります。エアコンを使えば使うほど工場の冷房効率が悪化するという悪循環に陥ります。

節電のためには、高性能サーキュレーターを活用して、冷房の風を効率よく循環エアコンの設定温度を低くする必要がなくなり、空調からの放熱も抑えることができるので一石二鳥です。

⇒業務用エアコンの電気代をお得にする4つの方法

太陽熱を遮断する工夫でエアコンの設定温度を適温に

年々暑くなる日本の夏ですが、外気温はコントロールすることができません。しかし、太陽光による工場への熱照射については、遮断や反射が可能です。

現在は、断熱効果がある工場の屋上や外壁用の高品質な塗料もあります。これを活用することで、製品にもよりますが太陽の熱を90%以上反射することも可能です。

太陽の熱放射による工場全体の加熱を遮断でき、エアコンの温度も適温に設定しやすくなり、空調設備への負担も大幅に軽くなります。

工場の共通節電項目では、電力使用や人材の管理だけでなく受変電設備や照明器具の節電が大切です。また、空調設備の電力も抑えて効果的な節電を実現しましょう。

共通節電項目を意識して効果的な節電+料金プランも見直せば更に効果的!

工場の節電を上手く進めるには、共通節電項目を押さえることが大切です。
しかし、大元の電気料金プランが最適でないと、電気代の削減効果が減ってしまうかもしれません。節電効果をより実感したいなら、一度電気料金プランも見直しておきましょう!
スイッチビズで無料一括見積もりをしていただくと、20秒の入力で最大5社の電力会社をお見積できちゃいます。
94%以上のお見積結果でより電気代がお得になっています!お気軽にお試しください!

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1)電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4)顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5)当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6)省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    a.当社は第1項の利用目的のため、当社との契約の基、広告掲載を行っている企業に取得した個人情報をメール等にて提供いたします。
    b.当社は取得した個人情報を、本項a及び以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1)ご本人の同意がある場合
    (2)法令などで認められた場合
    (3)人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第1項に定める利用目的の範囲内で、委託を行うことがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第二長岡ビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子