market_share-

昨年(2018年)7月の経済産業省の発表によると、2018年3月時点で高圧分野における新電力のシェアは15%を超えているとのことです。
北海道から沖縄までほぼすべての地域において15%を超えており、新電力への切り替えが順調に進んでいるようです。
また、特別高圧においても新電力のシェアも概ね10%以内で推移しているとのことで、今後も高圧・特別高圧プランを契約している法人の電力切り替えは進むでしょう。
そこで、2019年最新の高圧分野における販売量シェアを調査してみました。

引用:電力小売全面自由化の進捗状況について 経済産業省 資源エネルギー庁

高圧電力向け新電力シェアランキングTOP10社

早速、高圧電力向け新電力シェアのランキングTOP10社をご紹介いたします。

新電力事業者名 販売量(千kWh) シェア(%)
エネット 4,194,401 12.6
F-Power(エフパワー) 3,912,802 11.8
丸紅新電力 1,716,111 5.2
JXTGエネルギー 1,350,084 4.1
エナリスPM 1,312,794 4.0
オリックス 1,198,741 3.6
ウエスト電力 1,020,575 3.1
日本テクノ 938,925 2.8
イーレックス 919,818 2.8
ミツウロコグリーンエネルギー 772,795 2.3

※2018年7月〜2018年12月までの半年間の総販売量(経済産業省資源エネルギー庁)

エネット

販売量 4,194,401
シェア 12.6%

これまで殆どのシェアを獲得していた電力会社に代わり、ここ最近になって新規に電力市場に参入し、驚きの勢力を伸ばしています。

近年数え切れないほどの業者が参入している新電力(PPS)業界で、圧倒的とも言える存在感を示しているのが、この「株式会社エネット」なのです。

株式会社エネットが新電力業界への参入において、共同出資を行ったのが「NTTファシリティーズ」「東京ガス」「大阪ガス」の大手3社です。

日本が誇るエネルギー大手会社の2社が保持しているものも含めて、150箇所以上の広域な独自電源の確保を実現しています。

さらにNTTファシリティーズという通信大手が手掛けるエネルギー利用の最適化支援により、自治体や企業などを中心として、電気料金の大幅な削減に成功し、怒涛の早さで規模を拡大しています。

F-Power(エフパワー)

販売量 3,912,802
シェア 11.8%

新電力業者の一つ「株式会社F-Power」は、ESCO事業者の株式会社ファーストエスコが前身会社となります。

遡ること2009年、株式会社ファーストエスコで取り扱っていた電力供給部門を切り離す形を図り、投資ファンド事業を営む運営会社「IDIインフラストラクチャーズ」に買収され設立されることになりました。

F-Powerにおいては、同年特定規模電気事業者である「PPS」に登録をしており、電力の売買はもちろんのこと、電力の仲介業務や発電業務、電力供給業務、そして熱エネルギー供給業務などと幅広く展開しています。

10%を超えるエネットとF-Powerが2トップといった情勢です。

丸紅新電力

販売量 1,716,111
シェア 5.2%

丸紅が自信を持って計画していることの一つに、5箇所ある火力発電所を2016年までに稼動を開始させることがあります。

世界23カ国で電力供給体制を構築しており、日本総合商社としては最大級の12,285MW(2017年12月現在)を誇ります。

電力小売が自由化されたことにより、丸紅のような商社が次々と参入してきています。

東京都内では、その他にも異業からの新規参入が目立ち、これから先、各社の新電力競争がさらに激化していくだろうと予想されています。

火力発電所

JXTGエネルギー

販売量 1,350,084
シェア 4.1%

JXTGエネルギーの電力販売事業は2003年から参入しており、大手電力会社の東京電力と関西電力のエリア内で、主に企業向けて電力の販売をしています。

JXTGエネルギーの強みは、燃料を採掘することから精製まで全てにおいて自社で完結させるところにあります。

この安定性によって他社との差別化に成功しており、企業も積極的に導入を進めています。

エナリス・パワー・マーケティング

販売量 1,312,794
シェア 4.0%

エナリスグループのノウハウとリレーションを活かして201011月に設立。需要家のエネルギーマネジメント、電力事業者向けコンサルティングなどのサービスの提供を目的としています。

全国展開する大規模事業所から、地域の小規模事業所まで、全国に支援実績があります。

KDDIグループの電力仕入れによるスケールメリットを活かして安価な提供を可能にしているほか、法人需要家の電気に関する課題を解決する「エネルギーエージェントサービス」による電気料金削減サービスを提供しています。

オリックス

販売量 1,198,741
シェア 3.6%

様々な事業を展開する

総合リース企業大手のオリックスも、新電力事業の可能性に目をつけ、年々この事業への投資額を増やしています。

地球温暖化対策が世界的に急務となっている現在、オリックスは風力発電や太陽光発電システムを積極的に展開しています。

日本で電力自由化が始まってからというもの、オリックスの投資スピードは業界でも注目を集めてきています。

地球環境を考えての新電力への参入は、オリックスの今後のさらなる成長に拍車をかけることでしょう。

ウエスト電力

販売量 1,020,675
シェア 3.1%

ウエスト電力は、電力販売、施設の青衣中、発電所の設計・施工、発電所の保守・管理を担う総合エネルギーマネジメント「ウエストグループ」の新電力企業です。

これまで商業施設、オフィスビル、病院などの電力を大量に消費する施設に、新電力への切り替え+省エネのサービス「WEP-10%」を展開、抜本的な電気料金削減の提案を行ってきました。

グループ企業の「ウエストエネルギーソリューション」では日本初の水上メガソーラーを建設しました。

日本テクノ

販売量 1,477,023
シェア 3.67%

途上国にて水や環境に貢献しているコンサルタント企業として知られる日本テクノが新電力事業に参入したのは、2007年のことです。

まずは関東エリアを中心として2009年から電力販売事業を徐々に拡大してきています。

世界規模での社会的貢献を行っている日本テクノだからこそ、顧客との信頼関係は揺るぎません。

注目は2012年から稼働している「日本テクノ袖ケ浦グリーンパワー」という火力発電所で、約11万kWという非常に大きな出力を実現しています。

さらに新潟県上越市でも発電所の計画が進んでおり、こちらは7万kW相当の規模となる予定です。

太陽光発電所

イーレックス

販売量 919,818
シェア 2.8%

2000年から特別高圧の電力事業を開始した老舗の新電力会社です。

当初は九州地区、関東地区で電力販売していましたが、徐々に提供範囲が拡大して、2018年にはイーレックスグループとして日本全国をカバーしています。

再生可能エネルギー開発にも積極的で、ヤシ殻を燃料としたバイオマス発電所を運営していて、その発電量は70MW2018年現在)にも及びます。

今後は6発電所で約250MWの発電を計画しているそうです。

ミツウロコグリーンエネルギー

自然への負担の少ない風力発電、そして最近世界的に注目を集めるバイオマス発電を主に展開しているのがミツウロコグリーンエネルギーです。

社会貢献をしつつ事業の成功を目指している新規参入新電力会社です。

新電力事業に対しては積極的な投資を行っており、地球に優しい電気を供給しています。

その他高圧電力向け新電力一覧

風力発電所

ここからは高圧電力向け新電力の中堅企業上位30社を一覧にしてご紹介していきます。

近年の販売量も一緒に表記していますので、どの程度の規模の企業なのか参考にしてみてください。

 

新電力事業者名 販売量(千kWh)
サミットエナジー 728,441
昭和シェル石油 689,128
ダイヤモンドパワー 636,880
シン・エナジー 604,354
関電エネルギーソリューション 593,456
伊藤忠エネクス 588,135
王子・伊藤忠エネクス電力販売 583,789
エネサーブ 552,811
大和ハウス工業 529,849
リコージャパン 486,654
パネイル 450,495
エフビットコミュニケーションズ 447,690
新出光 397,384
東海電力 390,899
シナジアパワー 324,570
MCリテールエナジー(株) 272,271
アイ・グリッド・ソリューションズ 261,377
鈴与商事 247,062
Looop 241,431
出光グリーンパワー 234,765
グローバルエンジニアリング 233,171
新日鉄住金エンジニアリング 231,066
中央電力エナジー 224,305
アーバンエナジー 224,305
東急パワーサプライ 208,623
リミックスポイント 208,623
 北海道瓦斯 172,588
 HTBエナジー 170,378
地球クラブ 167,850
楽天 166,432

※2018年7月〜2018年12月までの半年間の総販売量(経済産業省資源エネルギー庁)

まだまだこのページではご紹介出来ないほど、数多くの新電力企業があります。2000年に法人向け(高圧・特別高圧)の電力自由化がスタートして以来、新電力会社の販売量シェアは徐々に拡大して、全体の16.4%(2018年 電力調査統計より)にまで至っている現状です。2年前と比べると倍増しています。

もし切り替えをご検討されているのでしたら、各社をしっかりと比較してみることが大切であり、それが節電や省エネにも繋がります。

激化する新電力競争により、これからもっとお得に電力の供給が可能になってくるかと思います。

需要家の方からしてみますとこれからが楽しみな業界ではないでしょうか。

シェアから見る高圧向け新電力会社の選び方は?

新電力会社の販売量シェアが高いという事は、電気を安定的に安く提供できている企業とも言えます。切り替え先を決める際の検討材料の1つにしてみてはどうでしょうか。

 

ただし、販売量シェアだけで決めるのはオススメしません。やはり新電力会社への切り替えを検討されている需要家にとっては「電気の安定供給」と「電気料金の削減」がポイントになります。1社1社に連絡・交渉を行うのは非常に手間と時間が掛かりますし、複数社から見積りをとる事で何より電気料金の削減幅も大きくなる可能性もあります。

 

シェアだけにとらわれず、複数社を総合的に比較して、切り替え先を判断する事が大事になります。電気料金シュミレーションの精度で業界NO.1のスイッチビズでしたら、たった2分の入力で電力会社のお見積りができます!無料ですので是非ご利用下さい!

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1)電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4)顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5)当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6)省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    a.当社は第1項の利用目的のため、当社との契約の基、広告掲載を行っている企業に取得した個人情報をメール等にて提供いたします。
    b.当社は取得した個人情報を、本項a及び以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1)ご本人の同意がある場合
    (2)法令などで認められた場合
    (3)人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第1項に定める利用目的の範囲内で、委託を行うことがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第2noteビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子