apartment-min

マンションの電気をお得にできる「高圧一括受電」。建物の電気料金を丸ごと削減できるという高圧一括受電は、マンションを経営する方はもちろん、管理組合、入居者の方々にも知っておいて欲しい契約方法です。

今回は、一括受電の概要と期待される効果、そして入居者が知っておくべきことについてお話します。

一括受電って?

電力会社との契約は、各家庭単位でおこなうだけとは限りません。マンションの場合は、マンション全体として契約することも可能です。今回はそうした内容についてみていくことにします。

マンション全体で電気を買う一括受電

私たちが生活する住まいには、一軒家もあれば、マンションなどのような集合住宅もあります。マンションの場合、住戸の数が多くなればなるほど、全体の電気使用量は増加します。そうしたときにマンション全体を1つの利用者と考え、一括して電気を購入することが可能です。それを「一括受電」といいます。

なぜそんなことができるかというと、工場やオフィスビルといった高圧の電気を必要とする利用者に対しては、一般家庭に先駆けてすでに自由化が実施されているからです。ファミリータイプのマンションなら、40戸ほどで一括受電できるようになります。

一括受電

一括受電で電気代が安く!

高圧の電気料金は、低圧に比べて3〜4割ほど安いというのが特徴です。しかも、「託送料金」という送配電線の使用料が、戸建てのように住戸ごとに必要になることもありません。そのため、マンションを一括受電に切り替えると、電気料金が安くなるというわけです。

ただし、高圧の電気は低圧に変換しないと使えないため、電力会社とマンションの間にはサービス業者が入るのが一般的。ですから正確には、マンションはサービス業者と契約を結ぶことになります。

サービス業者は高圧の電気を低圧に変換する機械の設置や、電力会社とのやり取りなどを実施。その費用を差し引いて電気代を割り引くため、実際には専有部で通常より5〜10%、共用部で20〜40%ほど安くなるのが一般的です。

マンションオーナーが知っておくべき一括受電 低圧から高圧に変える方法と注意点

一括受電の市場は増加中

マンションの一括受電は2005年から可能となっていますが、市場はどのように推移しているのでしょうか?

株式会社富士経済が2015年に発表した調査結果によると、2010年119,500戸、2011年155,200戸、2012年207,300戸、2013年310,300戸、2014年439,200戸(見込)となっていて、その数は年々増えています。

さらに、新築と既築のマンションを比較すると、新築は2011年49,100戸だったのに対し、既築は同70,400戸と、どの年も既築のほうが約2倍多いという結果になっています。

一括受電するには?

マンションが一括受電する際の流れは、既築か新築かによって異なります。

まず新築の場合ですが、購入時にはそのマンションが一括受電かどうか明らかになっているため、入居者が契約時点で同意すればそれで契約成立となります。

一方、既築マンションの場合は、そのマンションに暮らす世帯の3/4以上の賛成がないと一括受電に変更することができません。また、賛成が得られたあとも、全戸から同意と利用申込書を集める必要があります。そのため、既築マンションが一括受電に変更するのは、少しハードルが高いといえるでしょう。

それでも年々増えているというのは、それだけメリットが大きい証拠といえそうです。

個別契約に戻すことは可能?

4月からは電力自由化が実施されます。新たに参入する企業のなかには、電気料金だけでなくガソリンの値引きもおこなう石油系企業があるほか、ガスやインターネットなどとのセット割をおこなう企業もあります。

せっかく一括受電に変更していたとしても、そうした企業にメリットを感じるマンション世帯もあるはず。その場合、また個別の契約に戻すことはできるのでしょうか?結論からいうと、可能です。しかし、再度、全世帯の同意を集めなければならないほか、設備費用の一部負担が発生したり、契約期間中であれば違約金も払わなければなりません。ちなみに、一括受電業者との契約期間はおよそ10年〜15年です。

マンション居住者が注意しておきたいこと

先ほどのような理由から、電力自由化後に好きな電力会社を選びたい場合は、一括受電のマンションは避けるべきです。したがって、今後マンションへ引っ越す場合は、それが新築であれ既築であれ、一括受電について確認しておくことをお薦めします。

また、現在マンションに住んでいる場合は、そのマンションが電力自由化にどう対応するのか、管理組合に問い合わせてみるといいでしょう。

なにはともあれ、マンションの場合は1世帯の一存では決められないため、しっかりした情報収集と対話が重要といえます。

電力自由化でも切り替えできないマンション高圧一括受電とは?

契約するのなら、お得な新電力会社がおすすめです

マンション全体で契約するのならば、電気料金の安い新電力会社との契約にした方が良いかもしれません。というのも電力会社の変更に当たって、切替フィーや事務手数料などといった初期コストは原則一切かかりません。無料でより安い電力会社への切り替えが可能です。

スイッチビズの一括見積もり比較なら、最大21%もの電気代を削減できます。無料で診断できますので、まずは申し込んでみてはいかがでしょうか?

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1)電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4)顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5)当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6)省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    a.当社は第1項の利用目的のため、当社との契約の基、広告掲載を行っている企業に取得した個人情報をメール等にて提供いたします。
    b.当社は取得した個人情報を、本項a及び以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1)ご本人の同意がある場合
    (2)法令などで認められた場合
    (3)人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第1項に定める利用目的の範囲内で、委託を行うことがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第二長岡ビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子