graph

契約している電気料金制度が、30分間の間で平均される使用電力が基準で決まる契約内容の場合、デマンドメーターがあると便利です。
一般的に多い電気料金制度は、基本料金プラス電力使用量に料金単価をかけて計算しますが、平均使用電力で決定されるパターンの契約をデマンド契約とも呼びます。

この場合、30分の間に使われる使用電力のピーク値をなるべく低くすることで年間の電気料金が安くなるため、コスト削減に、デマンドメーターが大変役立ちます。

  • デマンドメーターは一般家庭でも使われることがあるの?
  • デマンドメーターはどんな機能を持つのか?

そんなデマンドメーターについて一般家庭のどんな場面でどのように活用できるのか、どこよりも詳しく説明いたします。

デマンドメーターはデマンド値を下げる必需品!

デマンドメーター

実量制で活躍!デマンドメーターはこのように使うと便利!

年間の契約電力が1年間で使用された各月に30分ごとに計測された最大需要電力が一番大きい値だった瞬間はスマートメーターで記録されます。
その値を「ピーク電力」といいます。

ピーク電力が基準になって契約料金が決定する実量制の場合、デマンドメーターが活躍します。
デマンドとは最大需要電力を意味し、瞬時に使った使用電力の「kW」をいいます。
たくさん一瞬でも電力を使用することがあれば、その数値が基準となり基本料金が決まるということです。

アンペア契約の場合は、契約しているアンペア数を超えるとブレーカーが自然に落ちて電気が使えなくなる仕組みです。
使いすぎるとブレーカーが落ち、私たちも、過去に炊飯器とトースターと電子レンジを同時に使うとブレーカーが落ちると学習できた部分がありました。

しかし実量制は、どんなに電気を一度に使用してもブレーカーが作動して消えることはありません。
そのため、電力量を一度に使わないように瞬時に電力を計測してくれる頼もしい機能を持つのがデマンドメーターです。

デマンドメーターとは、デマンド制御装置と一緒に使うことで一定の負荷がかかった場合に自動で遮断できる便利なものです。
一度にたくさんの電化製品を使用すると、どうしても電力使用量が30分間に高い値で計測されてしまいます。

そうすると年間の契約電力に響くため、一度にたくさん電化製品を使用せずに平均して使用するのが理想になります。
でも、家族が多い場合は自分で気をつけていても自分がいない部屋でクーラーや暖房を使用していて気がつかなく、セーブできない場合があります。
そんなときに、デマンドメーターとデマンド制御装置を使用すればよいのです。

デマンドで電気料金の基本料金が決まる?

お金と電卓

過去1年(その月の11カ月前)のデーターのピーク電力で決まる

電気メーターがデジタルになったことでスマートメーターは、毎月30分ことに使用した電力を計測し電気料金が計算されるようになりました。
そのため、各月のピーク電力を計測するのも簡単で、どの時間帯にどれだけの電気を使ったのか監視できるようにもなりました。

一般家庭の場合、電気は夕方から夜の時間帯に多く使われます。
家族が自宅に集まり、晩御飯支度や入浴が重なるなどで電子レンジ、テレビ、エアコン、照明、IH電磁調理器、ドライヤーなど一度に使うタイミングがグッと増えやすい瞬間です。

過去11カ月のうち、30分間の平均使用電力が高ければ高いほど1年間の基本料金に影響してしまうのです。
うっかり1分でも重ねて家電製品を使ってしまうと、1年間も高い基本料金を支払うのはショックですね。

そうならないようにセーブしてくれる強い味方がデマンドメーターというわけです。
一般家庭でも、デマンドメーターを取り付けることで便利に活用できます。

工場やビルでもデマンドメーターは使われているの?

高圧や特別高圧で契約をしている工場やビルでも、デマンドメーターが使われます。
大量の電気を使用する工場やビル、マンションなどでは一般的に電子式のデマンドメーターと電力量計が組み込まれたタイプのものを取り付けて、細かく計測します。

30分間ごとに毎時ごとの電気をどれだけ使用したのか計測し平均使用電力が表示され、どれだけ電気を使ったのかわかる仕組みです。
設定した量よりも値が超過しそうなときは警報音を出し知らせ、時には遮断するなどで大量に電気を使うことがないようにします。

デマンドメーターの種類

デマンドメーターには、最大残針や最小残針がついている指針タイプと液晶タイプの2種類があります。
また、短時限式と長時限式があります。

最高最低指示計(短時限式デマンドメーター)
短絡電流や送配電系統などの瞬時の変化に反応して、置針で最大値や最小値を計測して記録します。
主に電力の変化量の計測の際の瞬間的増加量と減少量の測定などにも、使い分けることができます。
地絡電流や接地電圧の測定にも使用されています。
測定値は、精度が高いので記録計としても用いられています。

動作原理 整流形
時限 0.1、0.2秒など短い

接点付きメーターリレー(長時限式デマンドメーター)
接点付きメーターリレーは、電力需要量の最大圧と計測で過去の最大値を記録して、その数値が設定値を超過した場合に、整定針で警報信号を取り出すことができます。
通常は、工場や発電所、ビルや変電所など電力を使用する場所で電力需要量の管理のために利用されたり、計測管理の合理化、コスト削減、電気設備の保全などに活用されています。

動作原理 バイメタル形
時限 2、5、10、15分など長い

用途に合わせてデマンドメーターの機能を選びますが主に実量制では瞬時に流れる電圧や電流を測定し遮断する目的で使用することが多く、短時限式デマンドメーターが有効です。

デマンドメーターで基本料金が下がる仕組みとは?

デマンドメーター

実量制などスマートメーターで計測された最大需要電力で年間の契約電力が決まる場合、一瞬でも高い数値を計測すると、そのデーターが基準になり契約電気料金に反映してしまいます。

そのため、高い数値が計測されないようにデマンドメーターを設置し、一定値の電流が流れた場合にデマンド制御装置で遮断されるようにするのです。
実量制は電力自由化がはじまる前は、工場やオフィスなど大量に電気を使用する場合に取り入れられていた契約でした。

そもそもなぜ低い数値を保てば基本料金が安くなるのでしょう?
答えは、簡単です。
電力会社でどれだけ電気を発電させれば良いのか把握するのが目的です。
電気を発電させるには、コストがかかります。

無駄に発電してしまった電気は大量に充電し保管することが難しいため、ある程度どれだけの季節に電気を確保すればよいのか、設備をどれだけ増やせばいいのかを知るには契約している顧客がどのくらいの電気を使うのかある程度知っておくことで便利になるからです。

そして顧客が一瞬でも多く電気を使うとなれば、その数値を基準にし発電しなければならないからです。
実量制の本来の意味は電力会社のコスト削減につながり、エネルギーを無駄にしない意味が込められているのです。

ややこしいデマンドについての用語を整理

デマンドメーター

デマンドメーター

デマンドメーターは、工場、発電所、変電所などの電力を使用する場所で電力消費量を管理するために設置されます。出力を供給するときに、一定時間内の負荷変動量を自動で記録してくれます。そのため、管理する人間が不要になります。

デマンドコントローラーと呼ばれる電力制御装置は、デマンドメーターの情報により30分単位で電力量を計測し超過する兆候がある場合制御できます。

スマートメーターも30分ごとに電力使用量が通信回線を通じ電力会社に情報が届けられ、どれだけの電力を使用したかわかる計測器です。
デマンドメーターとスマートメーターの違いとは、デマンドメーターは、電力会社を通さなくても一瞬にどれだけの電力を使用したか分かります。

しかし、スマートメーターの場合は一度電力会社に情報が届き、その後、パソコンやスマートフォンなどにどれだけの電力を使用したかという情報が届くというものです。
実量制で契約していて、電力の使いすぎを制御する目的ならば、デマンドメーターが必要ということです。

デマンドメーター時限

デマンドメーター時限は、一定入力を連続通電した場合に測定値を指示するのにかかる時間のことを言います。
通常の指示計よりも長時間動作するため、瞬発的な負荷や入力変動には応動しません。
測定値が入力値を指示するのに、デマンドメーター時限の約3倍の時間がかかります。
デマンドメーター時限は、監視用途により下記のように時間を設定できます。

設定時限 監視用途
15分時限 変圧器の負荷監視
10分時限 変圧器受電容量の監視
5分時限 フィーダ容量の監視
2分時限 配電線容量の過負荷の監視

デマンド値

デマンド値(kW)とは、デマンド時限(30分間)においての平均電力使用電力のことになります。

デマンド制御装置

デマンドコントローラーとも呼びます。
30分単位で使用した電力量を計算し、予測できる装置です。
もし超過する可能性がある場合は電力機器を制御し停止させます。

デマンド電気料金

最大需要電力で電気料金が決まります。
低い値を保てば基本料金が安く、契約電力よりも多く電力を使ってしまうと高い基本料金になります。

以上からデマンドメーターは実量制で契約している場合、大変役立つことが分かりました。

節約のために労力を割けない方にオススメします。スイッチビズの一括見積!

電力コストの削減は早急に行いたい、しかし業務の片手間にするには重すぎる…。あなたにとっておトクな電力会社を最大5社、無料で探すのがスイッチビズでございます。

あなたの労力と電力コストを最小限にする、無料一括見積もりをお試しください。

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1)電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4)顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5)当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6)省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    a.当社は第1項の利用目的のため、当社との契約の基、広告掲載を行っている企業に取得した個人情報をメール等にて提供いたします。
    b.当社は取得した個人情報を、本項a及び以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1)ご本人の同意がある場合
    (2)法令などで認められた場合
    (3)人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第1項に定める利用目的の範囲内で、委託を行うことがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第二長岡ビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子