46217722_m

毎月の工場の電気代が高く、「どうにか電気代を安くする方法はないか」とお悩みではないでしょうか?会社の経費削減のためにも、電気代の見直しは大切なことです。
しかし、使用する電力が多くなりがちな工場で、どこから手を付ければいいのか、どんなことをすればいいのか、もれなく対策することは簡単ではありません。
ここでは、工場の具体的な節電アイデアや、電気代の削減方法を紹介します。できるところから取り入れていきましょう。

工場の電気代削減の第一歩!高圧向けの計算方法を理解しよう

そもそも毎月の電気代はどんな仕組みで決まるのでしょうか?まずは高圧向けの電気料金の計算や仕組みについて説明していきます。

 基本的には一般家庭とほぼ同じ

基本的には高圧も低圧も、一般家庭の電気料金の計算方法と同じで、以下の計算式で算出されます。

■電気料金の計算式
「基本料金(最低料金)+従量料金{(電力量単価±燃料費調整単価+再生可能エネルギー発電促進賦課金単価)×使用電力量(kWh)}− 割引総額」

一般家庭と異なる点は、基本料金の決まり方です。
一般家庭向けは「10アンペアの基本料金は○○円」と、アンペア数で料金が定められていますが、高圧電力の場合は「30分あたりの電気使用量(30分デマンド値)」によって料金が決まります。

■高圧電力の基本料金計算式
「基本料金=単価×契約電力(最大デマンド)×力率割引」

500kW未満の場合、「過去一年間の30分デマンド値」の中で、「一番大きかった30分デマンド値」をもとに料金が決まり、500kW以上の場合は電力会社と直接協議して決めます。

注目すべきポイントは「力率」

一般家庭にはない高圧電力の概念として「力率」というものがあります。
力率とは、ある機器を動かすために電力会社から送り出された電力に対して、実際に使われた電力の割合のことです。
電力会社としては、電力を送り出しても実際に使用されなければ料金の請求はできません。より100%に近い力率で使われた方が電力会社としても無駄がないのです。
そのため、力率85%を基準に、上回ると基本料金が割引に、下回ると割り増しになります。電気代削減を考えるときに外すことのできないポイントですので、ぜひしっかりおさえておきましょう。

工場の電気代(基本料金・単価)を下げる方法

では、工場の電気代(基本料金や電力単価)を下げるにはどうすればいいのでしょうか?ここからは具体的な電気代削減の方法を説明していきます。

デマンドコントロールで30分あたりの使用電力を下げる

前述の通り、高圧の電気代は「30分あたりの電気使用量(30分デマンド値)」で基本料金が決まるということが分かりました。つまり30分デマンド値を下げることで、電気代を安くすることができるということですね。
30分デマンド値が上がりすぎないように、計量器を設置してあらかじめ30分デマンド値の目標値を設定しておきます。目標を超えそうなときはアラームなどで通知して、その後手動で照明や空調などの機器の使用を調整しましょう。
また、デマンド値を下げる方法として、蓄電池を導入するという方法があります。蓄電池を導入することでピークカットをおこない、デマンド値を下げるのです。
ピークカットとは、日中の電気を多く使用する時間に蓄電池に溜めていた電気を放電し、系統からの電力消費を減らすことです。
企業の省エネ意識の高まりから、工場や大規模なオフィスでは積極的に蓄電池の導入がすすんでいます。まだ高額ではありますが、より安く導入したい方はスイッチビズの姉妹サイト「タイナビ蓄電池」も活用してみてください

蓄電池(家庭用・産業用)の一括見積り比較サイト【タイナビ蓄電池】

デマンドコントロールによって、「工場内のどの時間帯に電力使用が集中するか?」などを把握することができますので、部署ごとに作業時間をずらすなどの対策がとれるようになります。

力率85%超えを目指して割引率をアップ

工場で使われる高圧の電気代は、 力率85%を1%上回るごとに基本料金が1%割引になり、100%に近付けるほど電気代が安くなる仕組みです。
力率改善のための具体的な対策として、「容量性のコンデンサ」を受電点に設置することが設備費も安く有効とされています。ただし専門的な内容になりますので、電気主任技術者に相談しながら進めましょう。

空調機を効率よく使って節電する

工場内の空調は電気代を大きく左右する要因になりますが、電気代を気にするあまり、「暑い・寒い」など、従業員の労働環境が悪くなることは避けなければいけません。
以下の、空調関連の節電のためにできることをチェックして、ぜひ快適な労働環境を保って節電していきましょう。
・10年以上前のエアコンを使用している場合は、省エネの新しいエアコンに買い替える
・設定温度を1度でも外気の温度に近づける
・ON/OFFを頻繁に行わない
・送風機やサーキュレーターを利用する
・室内に直射日光が入る窓にはカーテンやブラインドを設置する

LED照明で消費電力と交換頻度を抑える

工場内の照明は数が多いので、LED照明に変えるだけでも、1/2~1/10程度の電気代の節約になります。(照明の種類によって異なります)
調光ができるタイプを使えば、昼と夜、晴れの日と曇り・雨の日で明るさを変えることができますし、常時点灯しておく必要がない場所では、人感センサーを組合せて消し忘れを防ぐことができます。
蛍光灯や水銀灯に比べて、LEDは寿命が長いため、交換の手間や購入費用も抑えることができるでしょう。

補助金が受けられる可能性も!既存設備を省エネ設備へ切り替えよう

37386171_m
工場で使用している設備を省エネ設備へ切り替えたくても、費用が問題となって進められないという悩みも出てきますよね。そのような悩みを解消するために、省エネ設備を導入する際に補助金が受けられるケースもあります。
対象となる省エネ設備は、高効率照明・高効率空調・産業ヒートポンプ・業務用給湯器・高性能ボイラなどです。
補助金を受けるためには、導入した省エネ型設備に係るエネルギー使用量などの「見える化装置」の導入も必要になります。

また、事前の省エネ診断に対する補助金もありますので、どの設備から手を付けていいか判断するために利用するのも良いでしょう。
条件や公募期間、審査などについては、経済産業省資源エネルギー庁の「各種支援制度」の詳細を確認してみてください。

工場の電気代を簡単に削減するには?電力会社を切り替えよう

工場の電気代を削減するために、現在の電気の使い方や設備を見直すことも大切ですが、電力会社を切り替えることで電気代が安くなるケースもあります。

2016年に電力の全面自由化が始まり、テレビCMや広告などでもよく目にするようになりましたよね。高圧電力の自由化は、2004年から自由化が始まっています。
電力自由化によって価格競争が起きているため、使う側はより安い電力会社、安いプランを選べるようになりました。
過去に契約した、決められた電力会社や料金プランを、自社に適した電力会社のプランに切り替えるだけで、電気料金が削減できる可能性が出てきます。

電力会社変更と節電アイデアで工場の電気代を削減しよう

31410499_m
工場には電気を使う機器や照明が多くあるため、電気代が高いと思っても、何をどうすれば節電できるのか、どこから手を付ければいいのか判断が難しいですよね。
しかし、高圧は一般家庭と違って力率割引があるため、力率改善や節電をしながら、適した電力会社やプランに切り替えることで、電気代を大幅に安くすることができるかもしれません。
スイッチビズの一括見積りでは、最大5社の見積りを無料で取ることができます。まずは見積りを取って、現在の電気料金と比較するところから始めてみてはいかがでしょうか。

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1)電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3)(1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4)顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5)当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6)省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    a.当社は第1項の利用目的のため、当社との契約の基、広告掲載を行っている企業に取得した個人情報をメール等にて提供いたします。
    b.当社は取得した個人情報を、本項a及び以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1)ご本人の同意がある場合
    (2)法令などで認められた場合
    (3)人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第1項に定める利用目的の範囲内で、委託を行うことがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第2noteビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子