mansion

2016年4月から始まった電力自由化は「携帯電話やガスとセット契約で電気がお得になる」「毎月払う電気料金にポイントがつく」などのメリットがプッシュされて多くの人に光熱費節約の期待をもたせました。

しかし、残念ながらマンションにお住まいの方は電力会社を「選べる場合」と「選べない場合」があり、多くの人に混乱と落胆をもたらしているのもまた事実なのです。

今回はマンションの中でも、自由に電力会社を選べる低圧契約と、既に低料金になっている高圧一括受電について詳しく解説していきます。

マンションの電力契約は2種類ある

電力自由化が始まる以前、一般消費者が電気契約に関心を抱くメリットが無かった時代は、電力契約に種類があることを知らずに物件を選んだ方がほとんどでしょう。

今の住まいが「電力会社を選べる物件」か「電力会社を選べない物件」かを調べるために知っておきたいのは、どの契約内容なら電力会社を選べるかというところです。2つだけですので、サクッと見ていきましょう。

マンションの高圧一括受電サービスとは?

低圧契約

マンション低圧契約

一つ目は低圧契約です。こちらは戸別で電力会社と契約するタイプの契約で、低圧契約の集合住宅は一戸建てと同じように自由に電力会社を選択できます。

同じ建物に住むお隣さんと違う電力会社と契約することもできるのが低圧契約です。もちろん契約する電気料金プランに一戸建てと集合住宅による違いはありません。

高圧一括受電

マンション高圧契約

マンションの建物一棟単位で電力会社を選択し、契約しているのが高圧一括受電です。戸別で電力会社を選べないのは高圧の契約をしている集合住宅の入居者です。

我が家は低圧? 高圧? 見分ける方法

普段お使いの電気を見ても低圧と高圧の判別はできませんが、手間や費用をかけずに確認する方法はいくつかあります。

  • 大規模なマンションやタワーマンションはおそらく高圧契約
  • 敷地内に変圧器などの機材、あるいは管理室などがあるなら高圧契約
  • 戸数が50未満なら低圧の可能性が高い
  • 管理会社に聞く

高圧契約は戸数が多いマンションが対象ですから、部屋数が少ないマンションは低圧契約を結んでいる可能性がかなり高いです。もしも高圧物件にお住まいの人が電力会社を乗り換えようと申込んでも契約が成立しないだけですから、電気が止まることはありません。

高圧マンションの割合はそんなに高くない

株式会社富士経済の調査報告によると、高圧一括受電サービスの導入対象となる50戸以上の大型分譲マンションは全国に200万戸程度あり、その中で高圧一括受電を導入しているマンションは約40万戸。小中規模のマンションは高圧一括受電の対象となならず、大型マンションも高圧一括受電を導入しているのはおよそ20%に留まりますから、ごく一部の大型マンションが電力自由化とは関係のない高圧一括受電である事がわかります。

メリットとしては、ロビーなどの共用部分に高圧の料金の安い電気を流すことができるので、マンション全体においても、電気代がかなり安くなるのです。具体的に入居者にとっては、支払う管理費用が安くなるメリットがあります。

ただし電力会社によっては低圧契約のまま共用部の電気料金プランを安くできることもあります。

電力会社を変えられる・変えられない集合住宅の違いをまとめると

  • 低圧契約 ⇒ 電力自由化で安い電力会社を自由に選べる
  • 高圧一括受電 ⇒ 既に安い電気料金になっており、個別で電力会社を選択出来ない。

マンションで電力会社を変える時の疑問

マンション電力自由化

マンションには高圧一括受電契約しているケースと、低圧契約をしているケースがあり、電力会社を入居者が選べるのは「低圧契約」であるとわかりました。では、自分が住むマンションが低圧契約の場合、管理会社に連絡せず電力会社を変更しても良いのでしょうか? また、よく聞く「スマートメーターへの変更」も勝手に行って良いものでしょうか?

大家さんがもし電力会社を指定していたら?

もし大家さんが「うちはこの電力会社に決めています」と言う場合、例え一括受電契約をしていない物件でも、電力会社を選べないんじゃないの?という声がありますが、そんなことはありません。マンションで個々に電力会社で契約している場合は、電力自由化により、自由に自分で契約する電力会社を選べるようになるのです。

もちろん、連絡は必要ありません。

メーターの交換は勝手に行っていいの?

電気の検針に使うメーターはマンションの所有物ではなく、電力会社の持ち物です。なので、スマートメーターへの取り換えについて大家さんや管理会社に承諾を得る必要はなく、電力会社の都合により各エリアで交換工事は行われています。

入居者の希望で電力会社を変更する場合でも電力会社の都合が深く絡みますので、スマートメーターは無料で取り付けられます。工事が入ることを管理会社に連絡する必要はなく、退去時に原状復帰する必要もありません。工事の立会も原則として不要です。

アパートでも電力会社を変えられる?

お住まいが戸建てでもマンションでもなく、アパートの場合はどうでしょうか。大丈夫です。こちらも問題ありません。アパートは戸数が少ない傾向にありますので、ほとんどが低圧契約と見てよいのではないでしょうか。

マンション1階の飲食店はどうなの?

飲食店の場合、一般的に三相200Vの動力機器を使用されていると思いますが、今回の電力自由化によって自由に電力会社を選ぶ事が出来ます。詳しくはこちらを御覧ください。

今回の問題は「マンションの中にある飲食店」という事ですが、こちらもマンションが「高圧」「低圧」のどちらで契約しているかによります。低圧の場合は電力会社の切り替えが出来ますよ。

電力自由化によるマンションでの電気切り替えの手順

電力自由化切り替え

大抵のマンションやアパートで電力自由化後、自由に電力会社と契約することが出来ます。肝心の電力会社を切り替える手順についてですが、一戸建てと同様に非常に簡単です。

  • 切り替えを希望する電力会社に申し込む
  • スマートメーターを居住地域の電力会社に設置してもらう

スマートメーターの設置は電力会社の人が行いますから、実質的に行う作業は「電力会社への切り替え申し込み」だけです。ものすごく簡単です。

注意事項

今使用している電気の解約は切り替え先の電力会社で、手続きしてもらえますので、面倒な手続きは省略することができます。スマートメーターの設置は新たな契約先の電力会社じゃないの?と疑問に持つ方もいるでしょう。スマートメーターは電力会社の所有物になるので、旧タイプの測定器から交換が済んでいない場合は、地域の電力会社から工事についての連絡が入ります。

原則として無料で交換してくれますが、心配であれば連絡があったときに確認をしてみるとよいでしょう。スマートメーター設置が有料になるのはよっぽとの理由がありますから、安易に工事を進めてはいけません。

マンションが高圧一括契約する為の条件は?

マンション一括受電の条件

しかし、やはりマンションオーナーからすると、「高圧一括契約」と「新しい低圧電力会社」で電気料金が安くなる方を選択したいですよね。まず、高圧一括契約出来るかを確認していきましょう。

高圧一括受電契約をマンション全体で契約するには、マンション全体の電気消費量が50kWを超えていることが条件であり、電気の変圧器がマンションの管理組合の管轄であるということなど、条件として挙げられることがいくつかあります。

マンションオーナーが知っておくべき一括受電 低圧から高圧に変える方法と注意点

停電の伴う点検が必要

変電設備の点検が三年に一度、停電を伴う点検が必要となっており、1時間から1時間半ほど停電の状態が続き入居者に不便を与えます。

検針器やブレーカーの交換が必須

方式を切り替えることにより、検針器、ブレーカーを新しく交換する必要が出てきます。大型マンションの場合、一戸づつ工事していかなくてはならないので、かなりの手間が予想されます。

入居者の同意が必要

現在低圧電力で個々に契約しているマンションで、一括受電に切り替えようとしている場合、管理組合での話し合いはもちろんのこと、全入居者の同意を得る必要があります。
大多数同意を得るのであれば、不可能ではないかもしれませんが、全員一致となるとその難しさは想像以上のものでしょう。

少々の手間がかかっても、電気代の削減は、マンション側にとってはメリットのあることなんです。いままで割引のない低圧電力を使用してた場合に比べると7円/kWhの電気代が節約になるのでわかる気もしますね。また2016年の電力自由化へ向けて、電力会社側としても、マンション一括受電契約をすることで顧客を獲得することができるので、このマンション一括受電契約を狙っている電力会社もあるようです。

マンション高圧一括受電契約のメリット

マンション高圧一括受電契約のメリット

電気代が安くなる

高圧一括受電は単価の安い電気をまとめて購入し、マンション住民に分け合うものです。安く仕入れた入れた分、電気代が安くなるメリットがあります。

電気料金の見える化

一括受電契約の場合、スマートメーターへと切り替えられます。これにより細かい単位で電力の見える化が実現できます。

従来は電気をどれくらい使っていたかを確認しても、一ヶ月間の合計値しか見ることができませんでした。スマートメーターなら30分から1時間単位の電力使用量を確認できるようになり、どの時間帯に電気を大量に使っているかなど、生活スタイルを細かく振り返って節電に役立てることができます。

マンション高圧一括受電のデメリット

マンション一括受電のデメリット

これまで高圧一括受電の良い点ばかりを挙げてきましたが、デメリットもあります。

高圧一括受電になると入居者は電力会社を選べない

マンションで高圧一括受電を契約すると入居者は電力会社を自由に選べません。この件については不満が大きかったのか、経済産業省に苦情の電話が殺到していると言います。訴訟を起こそうとしている住民もいるほどです。

これは管理組合がマンション住民に十分な説明を行わず、強引に一括受電を導入したことが考えられます。2016年4月の電力自由化に合わせて電力会社各社がテレビCMを流したり、テレビで取り上げられてセット割引や特典を告知するのを目の当たりにしながら、マンション高圧一括受電物件の入居者は蚊帳の外。事前に話し合いが設けられていたと言っても、電力自由化が始まると知っていれば違う結論を出した、という入居者の不満が爆発するのも当然と言えるでしょう。

高圧一括受電を計画するマンションの管理会社は住民に対して十分な説明の機会を設けること、住民側はメリットとデメリットを踏まえて検討することが重要です。

電力自由化でも電力会社を選べないマンションもある

いかがでしょうか。マンションやアパートでは電力自由化が始まった今でも、電力会社が自由に選べる物件、個々の住民の意志では選べない高圧一括受電の物件で異なるのです。

電力会社を自由に選びたいなら、物件選びの段階で管理会社に確認しておくのがおすすめです。入居時点で低圧契約だった集合住宅を、入居者に無断で高圧一括受電に変えることはできません。

オフィスに掛かるコストとして、電気代もできるだけ削減しましょう!

家賃やメンテナンス費など、オフィスに掛かるコストはできるだけ削減したいものですが、アクセス性も考慮して最適な物件を選ぶようにしましょう。
また、オフィスで発生するコストとして気になるのは、電気代ですよね。電力会社の切り替えで、大幅に電気代を削減できたケースもあります。

無料お見積もりはコチラから

電気代がお得なプランがないかチェックしておきませんか?
スイッチビズで見積もりしていただくと、簡単に電気代の見直しができます!
是非、お見積もりだけでもお試しください。

  • ご契約中の電力会社必須
  • 貴社名必須
  • ご担当者名必須
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 物件種別必須
  • お得な情報必須
  • 【スイッチビズ】個人情報の利用に関する同意内容
    当社は、次のいずれかに該当する業務の目的で、お客様の個人情報を取得し、以下の通り適正に取り扱います。当社サービスを利用する場合、本内容に同意したものとします。
    1.利用目的
    (1) 電気・ガス販売業者の選定、太陽光・風力発電、環境・防犯商材等の販売・卸売、サービス提供等及び、それらに伴う見積り、資料送付、メール送信、電話連絡等
    (2) (1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、郵便物・電話・電子メール等による営業活動及びマーケティング活動
    (3) (1)の業者の選定、販売・卸売、サービス提供等に関連する、受発注管理、機器等故障時の申請受付・修理対応等
    (4) 顧客動向分析または商品開発等の調査分析(対外発表する分析レポートに個人情報が含まれることは一切ありません)
    (5) 当社及び関係企業主催のセミナー・イベント等のご案内
    (6) 省エネルギー等に関連する、社会貢献活動のご案内
    2.個人情報の第三者提供
    当社は、個人情報を以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者への提供を行いません。
    (1) ご本人の同意がある場合
    (2) 法令などで認められた場合
    (3) 人の生命・身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    (4) 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
    3.委託先等の管理
    当社は取得したお客様の個人情報を、第2項(1)に基づき、第1項に定める利用目的の範囲内で、業務委託先及び提供先に提供することがございます。
    4.個人情報の開示等に応じる手続き
    当社が保有している個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等に誠実に対応いたします。手続きは下記の相談窓口までご連絡ください。
    ご請求内容を確認のうえ、書面で対応いたします。
    なお、受託された業務に関わるご本人又は代理人より直接当社にご請求があった場合は、受託元のご担当者にご連絡の上、対処いたします。
    【お問い合わせ窓口】
    当社個人情報保護方針、当サイト利用規約および本同意内容に関するお問い合わせは、当社「相談窓口」までご連絡下さい。
    株式会社グッドフェローズ 個人情報相談窓口
    Tel:03-6420-0515 Fax::03-6420-0516 E-Mail:info@goodfellows.co.jp
    郵送:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第二長岡ビル3階
    2018年3月29日(制定)
    株式会社グッドフェローズ
    PMS管理責任者 谷井 茉莉子